オーガニックドッグフードの真実!獣医師に聞いた安全性とおすすめ度

愛犬の健康を考えると、ドッグフードの選び方はとても大事になります。

食べ物は犬の健康の中心であり、当然良い成分を使っているドッグフードを食べることで愛犬の健康に良いと考えることができます。

ですがドッグフードには様々な種類があり、どんなドッグフードを選べばよいか迷っている飼い主さんも多いと思います。

オーガニックドッグフードは、数あるドッグフードの中でも犬の健康に良い餌として注目されています。

ただしオーガニックドッグフードと言っても、何に良いのか?本当に愛犬に与えてよいのかわかりませんよね。

そこで今回は獣医師の先生に、オーガニックドッグフードについて聞いてみたので参考にして下さい。

オーガニックドッグフードとは

オーガニックと言う言葉は、人間の様々な製品で使われているので、非常に身近に感じる方も多いと思います。

”何か体に良さそう”、”地球にエコロジーな感じ”、”少し値段が高価な気がする”、”何となく限定品みたいで、数が少なそう”、などのイメージが湧いて来るのではないでしょうか?

しかし、そもそものオーガニックとは何を意味するかを考え直してみましょう。

簡単な言葉で言えば、食品や化粧品などに使用されている原材料(動物性、植物性)には、農薬、抗生物質、ホルモン剤、化学物質などの人工的な物質が使われていない、遺伝子組み替えなどの人工的な技術が使われていない、そう言った製品と表現できるでしょう。

しかも、それは厳しい条件を全てクリアした生産物にしか与えられない称号であり、オーガニックのレーベルが貼られていると言う事は、その厳しい検査に合格したと言う事です。

勿論、合成着色料や防腐剤などの添加物も一切使われていない”無添加”であり、副産物(*注)を含む動物由来の材料は全て、化学物質とは無関係なのです。

農薬が気になってリンゴやキュウリの皮を必ず剥いて食べる、と言う飼い主さんも多いと思いますが、ペットのワンちゃんのフードには一体どんな原材料が使われているか知っていますか?

チキン、ビーフ、などの肉類は抗生物質を使用したりしていないのか、フードの原材料になった動物の飼料はオーガニックだったのか、そんな疑問が生まれて来ると思います。

そして、植物性の原材料は農薬を一切使っていないのでしょうか?

獣医師
成分や原材料といった、愛犬の餌の不安を一掃できるのがオーガニックドッグフードです。

原材料は、限りなく自然の状態に近いフードなのです。

(*注):by-productと言われているものを日本語では副産物と呼びます。

動物の肉の例(meat by-product)を取り挙げてみると、人間では食することがない、動物の臓器(肝臓、腎臓、肺、など)を指します。

副産物はタンパク質が豊富で、動物にとっては美味しく、大切な栄養源であることから、これらを含むペットフードは存在し、良質の副産物であれば、必ずしもペットの健康にマイナスである物ではありません。

(参考:Pet Nutrition Alliance

オーガニックドッグフードは安全なの?

オーガニックドッグフードの原材料に使われている成分が無農薬・化学物質フリーで育てられているとすれば、一体、どんなプラスの点があるのかが気になります。

毎日食べる物に微量でも農薬などが含まれていたとすると、いくら研究データから体に無害であると証明されていたとしても、決して気持ちが良い物ではありません。

ましてや、人間よりも小さい小型犬や中型犬であれば、尚更です。

しかし、オーガニックドッグフードにより、こうした餌の問題点は解決します。

また、最近では何らかの物質に対してアレルギー反応を示す犬が増えています。

これは、飼育環境が屋外から屋内へシフト傾向にあったり、住宅環境そのものの変化、遺伝的背景、などが原因として挙げられますが、それだけではありません。

ペットフード業界では、大量生産・大量販売を主な目的として、農薬などを使って育てられた比較的安価な原材料を採用し、長期保存・嗜好性を目的に様々な物質を添加していることが多いです。

その結果、知らず知らずの内に、その人工的な物質を摂取する機会が増えていることも理由として考えられるのです。

獣医師
オーガニックフードであれば、アレルギーの原因となり得る添加物や農薬は使われていない為、そう言った物質に対するアレルギーのリスクは無くなります。

(但し、その他の自然素材である原材料に対してアレルギーが出ることもある為、アレルギーが出る可能性が完全に排除された訳ではありません。)

また、オーガニック素材を主体としたフードであれば、野生動物が元来摂取していた餌に近い状態ですから、消化もしやすい物が多いと言えます。

つまり、オーガニックドッグフードならばアレルギーも軽減される、消化もしやすい、と言うことから、栄養分をしっかりと吸収して免疫力を上げ、最終的には病気に強い健康体を維持できることになります

しかしながら、ワンちゃんには個体差がありますから、全てのワンちゃんに適切と言える訳ではない為、慎重にフード選びをしなければならないことも事実です。

添加物も農薬も使われていないなら、体に良いみたいだから、どのワンちゃんも食べて良いはず、と思うのは完全な間違いです。

どんなに”うちの子は健康でアレルギーも無い、何でも食べて平気”と思っていても、専門家のチェック無しに新しいフードに飛びつくことは危険と考えるべきです。

オーガニックと市販のドッグフードの違い

21世紀に入ってから一般家庭に普及したインターネットにより、ペットショップやスーパーに出かけることもなく、通信販売で国内外のフードが手軽に購入できるようになりました。

いわゆる” commercial food (市販のフード)”は、そう言った手軽に獣医師の指導無しで、飼い主さんの意思で購入できるフードを指します。

獣医師
実は市販のドッグフードは、先に述べたように、大量生産、安価、添加物、などのキーワードで説明できるように、品質は決して上級とは言えません。

一方、無添加・無農薬を基本とした”オーガニックフード”は別格とされます。

オーガニックに分類されるフードと、市販フードの大きな違いは、原料に無農薬である物が使用されているのか、添加物の有無、はたまた、動物の肉におけるグレードの高さ、などが挙げられます。

そして、当然、その価格には開きがあります。

スーパーに行って、人間の有機野菜と非有機野菜の値段を比較してみましょう。

有機野菜は農薬を使わないことにより、害虫による被害も考えられますから、生産率は低下してしまいます。

その結果、値段は高くなります。

ペットフードも全く同じ状況にある為、場合によっては、購入する前に躊躇してしまう程の値段の開きがあることも否定できません。

基本的に値段が高いものは良質である、と言うのはドッグフードにおいても事実なのです

犬のサイズでオーガニックドッグフードは変えるべき?

オーガニックドッグフードで気になることに、愛犬のサイズでどのドッグフードを選ぶかがありますよね。

獣医師
オーガニックフードが適切とされる犬とそのサイズの関連性はあるか?と言う質問に対しては、NOです。

意外かもしれませんが、ドッグフード選びはサイズよりも重要な要素があります。

獣医師
オーガニックフードだけではなく、全てのドッグフードにおいて、適切であるか否かは、基本的には犬の体調によると言えます。

そして、もう一つ重要な点は、飼い主さんがどの点に拘るかです。

飼い主さんご自身でも、オーガニックを食べるようにしている方であれば、お子さんにも必ずオーガニックを食べさせるようにしていると思います。

また、健康上の問題から、主治医にオーガニックを食べることが好ましいと指示されている方もいらっしゃると思います。

このポイントは、犬においても全く同じことが適用されます。

飼い主さんがオーガニックドッグフードを食べさせたい、となれば、オーガニックドッグフードを選ばれるでしょう。

また、治療するに当たって、オーガニックの方が添加物も無く、犬にとって負担が少ないと考えられる場合には、そちらを選択すべきと獣医師が判断するでしょう。

いずれにせよ、犬の体調を基準に、獣医師と二人三脚でフード選びをすることをお勧めします。

オーガニックドッグフードで気をつけるポイント

オーガニックドッグフード=体に良いことがある、と言うことがわかりました。

しかし、先に述べたように、これはあくまでも一般論であり、各論、つまり犬それぞれの体質に焦点を当てて、個体、個体の違いを考慮した話ではありません。

理論上、オーガニックドッグフードは体に良い点ばかりと言っても、全ての犬に適している訳ではなく、中には成分によってアレルギーが出たり、消化が悪くお腹を壊すなどの問題が出る犬もいる可能性があります

こう言った現象は、フードそのものの品質の問題ではなく、犬の健康状態や体質が先に考えられます。

ですから、フードを変える際には、必ずかかりつけ獣医師と相談をしてアドバイスを貰うことをお勧めします。

オーガニックドッグフードがおすすめの犬

基本的に、診察をせず、犬のプロファイル(年齢、健康状態など)を全く知らない状態で特定のフードを勧めることは出来ません。

その理由は、犬の個体差が非常に大きく、全ての犬は全て同じではなく、別々の個体として生きている為、ほんの小さな違いも見逃してはならないからです。

例えば、オーガニックドッグフードの中に、とある犬にとっては非常に有効であると思われる材料が入っていたとしても、別の犬にとっては、それがアレルギーの原因物質(アレルゲン)である可能性があります

それを知らずにペットフードを勧めることは不可能です。

殆どの飼い主さんは、愛する我が子に良い物を食べさせてあげたい、と言う思いからオーガニックフードに辿り着いたのだと思います。

しかし、ここで原点に帰って、健康とは何かを考えてみましょう。

毎年、獣医師の健康診断を受けていますか?ワクチンを接種することは、動物病院に足を運んで獣医師に健康診断をしてもらうと言うきっかけでもあります。

混合ワクチンの接種を希望されない方もいらっしゃると思いますが、健康診断とフードアドバイスは、やはり、専門の知識を持った獣医師が行うことであり、オーガニックフードを試してみたい場合には、必ず、我が子にそのドッグフードが適切であるかを獣医師に判断してもらいましょう

オーガニックドッグフード=グレインフリー?

最近は、穀類に対するアレルギー問題が重要視されており、人間も動物もグレインフリー(穀類を含まない)ダイエットに移行しようと言う動きがあります。

そこでちょっとした誤解が生まれてしまうことがあるようです。

”グレインフリーと言ったら、体に負担が少ない”、”オーガニックフードも体に良いから、オーガニックフードも全てグレインフリー”、と勘違いすることがあります。

オーガニックフードの中でグレインフリーである物も存在しますが、グレインフリーで無い物も存在します

獣医師
穀類にアレルギーがある場合には、当然グレインフリーのフードが最初の選択肢となります。

グレインフリーが最善のドッグフードとは限りませんが、ベターな選択肢になることは間違いありません。

オーガニックドッグフードに関する注意

時代は健康志向とペットブームの真っ只中です。

お子さんがいらっしゃらない方が、犬を飼い始めて、我が子の為なら一生懸命になる、と言うことはとても喜ばしいことです。

しかし、犬によって違いがあることを十分に理解して、流行っているし、みんな食べさせているから、自分の子もオーガニックを食べさせる、と言う安易な考え方は避けて下さい。

体質的に尿石症になりやすい、既に持病の糖尿病がある、腎臓病、歯周病、と言った問題を抱えている子は特に、獣医師の細かい指導無しではフード選びはできません。

医食同源は動物にも反映される言葉であり、フードは毎日のことですから、専門家の言葉に耳を傾けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です