犬が吐く原因は病気?ドッグフード?獣医師が教える健康管理のポイント

スポンサードリンク

まず、犬が「吐く」という行為にも嘔吐と吐出の2種類があります。

そして、このどちらなのかによっても原因疾患が全く変わってきます。

嘔吐とは胃の中の物を吐き戻すことで、主に食前にお腹が空いて胃液を吐く場合や、消化済みのフードを吐いた場合は嘔吐と呼びます。

吐出とは、食べた直後すぐに吐き戻すことで、フードは胃に到達することなく吐き出されます。

勢いよく食べ過ぎてしまい吐いてしまうワンちゃんがいますが、これは吐出と呼びます。

吐出はこのように、いわゆる「一気食い」でも見られますが、喉や食道に異常をきたすような病気が原因となっていることもあります。

具体的には、喉頭炎や食道炎、巨大食道症などの病気があります。

一方、嘔吐は全身の様々な病気で生じる症状です。

例えば、炎症や機能障害といった消化管の異常はもちろん、異物の摂取、薬物や毒物を食べてしまったことによる中毒、副腎皮質機能低下症(アジソン病)や糖尿病といった内分泌疾患、その他にも非常に様々な内臓の病気が嘔吐の原因となります。

このように、「吐く」という行為にも、正常でも見られるものから大きな病気の症状の一つとして見られるものまで様々です。

このため、しっかりと検査を行い、原因を確かめる必要があります。

犬が吐くのと年齢の相関

嘔吐を引き起こす最も一般的な疾患として胃腸炎があります。

胃腸炎というのは特に原因に関わらず、胃腸が炎症を起こしている状態を指す言葉で、これは年齢に関係なく子犬から老齢の犬までどの犬でも起こり得ます。

しかし、原因によっては年齢によって起こりやすいもの、起こりにくいものというのはある程度存在するのでそれについて大まかに挙げてみたいと思います。

獣医師
まず、子犬が吐く場合は、感染症や先天性疾患も考えなければなりません。

ペットショップやブリーダーさん等、子犬ちゃんたちが集まるような環境ではどうしてもウイルス等が伝染してしまうリスクも高いです。

また、食べたご飯が上手く胃まで運ばれなくなってしまうような生まれつきの病気により吐きが起こっている可能性もあります。

また、食べ始めたフードが合わなかったり、粒の大きさが大きくて噛めない等の理由でも吐き戻しをしてしまうこともあるでしょう。

初めて子犬を飼う方であれば、空腹時に胃液を吐くことがあるということや、一気食いで戻してしまうということを知らないために、何か病気なのではないかと心配される方も多いですが、これに関しては基本的には問題にならないことが多いです。

獣医師
胃液を吐いてしまう場合は、なるべく空腹時間が短くなるようにフードを与える回数を増やします。

1日2回朝と晩に与えているのであれば朝、昼、晩の3回に分けて与える、もしくは昼に与えることができないようであれば朝、夕方、寝る前など時間工夫しても良いでしょう。

このとき注意したいのが、与える回数を増やしても一日量は変えないことです。

そうでないと、ワンちゃんはどんどん太っていってしまいますからね。

一気食いをしてしまう場合はまずは一回量の半分を与えます。

それを一通り食べ終えて少し休憩してから残りの量を与えます。

このやり方で一気食いによる吐きは解決できることが多いです。

獣医師
大型犬のような一回量が多いワンちゃんの場合では、3~4回など更に分けて与えるほうが良いかもしれません。

若齢から中年齢で特に起こりやすいのはフード以外のものを食べてしまうというものです。

普段食べないような人間の食事を食べてしまったりすると、ものによってはワンちゃんに中毒を起こしてしまったり、胃腸に炎症を起こしてしまうことがあります。

ワンちゃんが誤って食べてしまうことの多い中毒性物質を挙げると、殺虫剤、除草剤、鎮痛剤や抗生剤といった飼い主さんが使うようなお薬、じゃがいもに含まれるソラニンなどがあります。

特にお散歩の時などには除草剤が撒かれている可能性がある草むらには入らない、ワンちゃんの届く場所に薬などが置いていないかということは常に気を配らなくてはなりません。

また、やんちゃ盛りのワンちゃんではおもちゃの一部等を食べてしまい、最悪の場合それが腸管に詰まってしまい、消化管閉塞を引き起こしてしまうこともあります。

消化管が閉塞してしまうと食べ物が肛門の方に送られなくなりますので、口から食べ物やうんちの臭いのする嘔吐物が出てきてしまうといった症状を示すようになります。

ホルモン疾患では、中年齢のワンちゃんに起こりやすい副腎皮質機能低下症(アジソン病)が原因で嘔吐が続くということがあります。

アジソン病では消化器症状(嘔吐や下痢)の他にも皮膚症状や神経症状が出ることもあります。

獣医師
高齢になってくると、腫瘍や腎臓病が原因となって嘔吐してしまうことが増えてきます。

消化管に腫瘍ができると、腫瘍自体が大きくなったり、その周りのリンパ節も腫れていくことで、消化管が閉塞し、食べ物が肛門のほうまで上手く流れていかない状況になります。

この場合は、抗生剤等では治らない軟便や下痢が長期間続くという症状が出てくることが多いです。

腎臓病では、本来であれば尿から排泄されるべき物質が、腎臓病の進行とともに体の中に異常に溜まってしまうことによって嘔吐が引き起こされてしまいます。

このように原因によってはこの年齢が多いという傾向はありますが、この年齢ではこれは起こりえないというものは少ないです。

年齢で原因を決めつけるのではなく、しっかりと病院で検査をし、原因を必ず確認してもらいましょう。

犬の種類と吐くことの関係

吐きの原因にあまり犬種差はありませんが、特に大型犬のワンちゃんでは気を付けなければいけない緊急性が高い病気があります。

それは胃拡張・胃捻転症候群という病気で、なんらかの原因で胃の中にガスがたまり、どんどん胃が膨れてしまい、周りの臓器や血管を圧迫することで強い腹痛を起こすというものです。

このときはひどい吐きがでるというよりは、むしろ吐きたそうな仕草はするが吐けないという症状が出ることが多いです。

こういった症状が出ておなかが張っている様子がある場合はなるべく早く動物病院に行き、早急に対処してもらう必要があります。

犬が吐いたら心配すべきこと

「吐き」にも急性と慢性があります。

急性とは突然吐くようになること、慢性と数週間~何ヶ月も吐きが続く状態をいいます。

獣医師
急性の場合は一般的には感染症や異物、中毒性物質の摂取、フードの変更等がないかを疑います。

急性の疾患は、原因やその程度によっては症状が急激に悪化してしまうことも多いので、なるべく早めに対処してもらうことが必要です。

獣医師
慢性の場合は、何らかの消化管の慢性的な疾患、腫瘍、腎臓病、ホルモンの病気といったものを疑います。

これらは高齢の犬ちゃんに多い嘔吐のタイプです。

慢性の疾患は急激に症状が悪化することは少ないですが、原因に何らかの病気がある場合が多く、それが解決しない限り嘔吐はなかなか戻りません。

また、元気や食欲の低下等の全身状態の悪化も伴っていることも多く、嘔吐だけでなく、そちらに対してもしっかりと治療していくことが必要になります。

先ほども述べた通り、子犬が吐く場合は、感染症や先天性疾患を考えなければなりません。

食べ始めたフードがその子に合っていないという場合もあるので、合うフードを探す工夫が必要になります。

また、おうちに来たばかりの子では環境の変化によって、このような症状が出ることもあります。

1~2週間経っても吐きが続くようであれば、環境の変化というだけでなく、何らかの原因があり吐いている可能性が高いので、しっかりと検査を行いましょう。

また、子犬ちゃんは体調の少しの変化が、体に大きく影響してきます。

獣医師
子犬ちゃんで吐きが数回見られるようであれば、早めに動物病院に相談するのがよいかもしれません。

若齢から中年齢の犬が「さっきまで元気に遊んでいたのに急に元気がなくなった」などというと薬物や異物の摂取を疑います。

数時間以内であれば、動物病院で吐かせるような処置をやってくれることが多いので、食べてしまった心配があるようならば、早めに動物病院に連れて行った方がよいでしょう。

腫瘍や腎臓病はやはり高齢になるほど起こりやすい傾向にあります。

また、高齢になるにつれて消化管の動き低下していくことが多いため、持続的に食欲がなくなったり、嘔吐が増えたりすることもあります。

こうした変化はゆっくりと起こるため、気が付かない場合も多いです。

このため、普段からちゃんとご飯を食べきっているか、排便はきちんとしているかチェックする習慣をつけておくことで、大切なワンちゃんの変化にすぐに気づいてあげることができます。

犬が吐いたら病院に行くべき?

食前に空腹状態になると胃液を吐いてしまう、一気食いをしてしまった直後に吐いてしまう等の吐きであれば問題ありません。

しかし、先ほど挙げたように吐きを引き起こす病気も非常にたくさんあります。

正常な「吐き」と異常な「吐き」の区別をご自身でなさるのはなかなか難しく危険です。

獣医師
少しでも不安になったらしっかりと動物病院で獣医さんに相談し、病気の可能性はないのか確認しましょう。

特に、異物を食べてしまった可能性がある、吐いたものに血が混じっている、吐いたものからうんちの臭いがする、元気や食欲もなくなっている、お腹を痛そうにしてずっとうずくまって動かない等の症状がある場合は、早めに病院に連れていくのが良いでしょう。

また、一日に何度も繰り返し吐く場合や、吐きが数日~数ヶ月続くなどの場合も何か体に異常が起こっている可能性が高いです。

ドッグフードと犬が吐くのは関係ある?

健康なワンちゃんでよく見られるのはドッグフードの一気食いによる吐出です。

このような場合は、先ほど述べたようにフードを小分けにしてあげる等の工夫で解決されることが多いです。

獣医師
また、ドッグフードの種類を一気に変えたりした場合は、嘔吐が出てしまうこともあります。

ドッグフードの種類を切り替えるときは、1週間ほどかけて徐々に混ぜる量を増やしていき切り替えると、問題なくフードを変更することができる場合が多いです。

しかし、ゆっくり切り替えをしたとしても、新しいフードが合わなかったり、粒の大きさが合わずうまく噛めないことで吐いてしまうということも起こり得ます。

このような場合はワンちゃんに合うフードを探す他には解決策はなさそうです。

また、アレルギー体質でドッグフードに対してアレルギー症状が出てしまい、脱毛といった皮膚症状が出たり、下痢をしたり嘔吐してしまうワンちゃんもいます。

このような場合は、病院でしっかりと検査をしてもらい、アレルギー用の療法食を処方してもらうのがよいでしょう。