プレミアムドッグフードは本当に良いの?獣医師に聞いた人気の理由

スポンサードリンク

どんなドッグフードを選べばよいか気になっている飼い主さんも多いと思います。

愛犬を健康で長生きしてほしい気持ちは飼い主さんなら共通に持っている意識であり、そのために良い品質のドッグフードを与えている家庭も多いと思います。

そんなドッグフードの中でも、プレミアムドッグフードの人気が高くなってきています。

原材料や成分に拘っているプレミアムドッグフードは、愛犬の健康を考えている飼い主さんなら一度は聞いたことがあると思います。

今回はプレミアムドッグフードについて、本当に愛犬の健康に良いのか、また品質は本当に良いのかを聞いてみたので参考にして下さい。

プレミアムドッグフードとは

プレミアムドッグフードとは、高品質な原材料を使用し、添加物を必要最小限に留め、より安全性や栄養価を高めたドッグフードを指します。

では、高品質な材料とは具体的にどのようなものでしょうか。

まずは、ドッグフードのメインである肉についてです。

安価で販売されている市販のドッグフードでは、人間が食べる基準に満たないような肉が犬専用として使用されることが多いようです。

一方、プレミアムドッグフードでは、材料となる肉は人間が食べる肉と同等の部位が使われており、より安全で消化しやすいものになっています

また、小麦やトウモロコシといった穀物を使用していない、「グレインフリー(穀物不使用)」のフードも販売されています。

獣医師
小麦やトウモロコシなどの穀物は消化の負荷になるだけでなく、食物アレルギーの原因物質にもなり得ることが知られています。

食物アレルギーはワンちゃんの皮膚病の大きな割合を占めるので、グレインフリーという点はプレミアムドッグフードの大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、プレミアムドッグフードの中にも、比較的良質な穀物を使ってはいるものの、「グレインフリー」でないドッグフードもあるようです。

より安全で良質なものを求める場合には、「グレインフリー」の表示があるものを選びましょう。

プレミアムドッグフードの特徴

プレミアムドッグフードの特徴として、添加物が必要最小限に留められているという点も挙げられます。

市販のドッグフードには、合成添加物(人工調味料、着色料、防腐剤など)が含まれていることが多くあります。

プレミアムドッグフードは良質な材料を使用しているために必要のない添加物を加えなくても、ワンちゃんが美味しく食事をすることができるのです。

しかし、添加物が含まれるフードよりも保存期間は短くなるので、そこには注意が必要です。

近年は、高品質、無添加な食事を与えたいという飼い主も多く、肉、野菜、穀物などを組み合わせて「オーダーメイドの手作り食」を作っているという方もいらっしゃるでしょう。

獣医師
オーダーメイドの手作りご飯は愛情が感じられますが、ワンちゃんの好き嫌いなども影響し、時に栄養バランスが最適ではない可能性もあります。

また、ワンちゃんの体型(肥満度合い)、運動量、年齢などによって必要な栄養量、栄養バランスは変化してきます。

このようなことを全て考慮することは難しいですので、動物栄養管理士がしっかりと栄養バランスを考えたプレミアムドッグフードを使うことも検討してみてはいかがでしょうか。

プレミアムドッグフードは犬の種類やサイズで変えたりすべきなのか

犬とはいっても種類は豊富で、小型犬と大型犬では体格が何十倍も異なります。

基本的な体の構造に違いはありませんので、必要な栄養素や栄養バランスは犬種によって大きく差はありません。

獣医師
ドッグフード選びでは、以下の2つの点に注意して選ぶようにして下さい。

ドッグフードの粒径

小型犬と大型犬では歯の大きさも口の大きさも全く違うので、犬種に合わせて粒径を選ばなければなりません。

口の小さい小型犬に粒の大きなフードを与えてしまうと、十分噛むことができずに喉に詰まらせてしまう心配もあります。

逆に大型犬に粒の小さなフードを与えてしまうと、噛むことなく一気にフードを飲み込んでしまうために、吐き戻しの原因にもなります。

カロリー量

性格にもよりますが、小型犬は大型犬よりも活発に動く傾向があります。

また、身体の大きさに対する運動量も必然的に大きくなります。

例えば、同じ1kmを散歩するにしても、大型犬と小型犬では歩幅は何倍も違うので、同じ距離を歩いたとしても小型犬の運動量は大型犬の何倍にもなります。

さらに、胃の大きさも考慮すると、小型犬は少量のフードでなるべく多くのカロリーを摂取しなければならないのです

このため、市販のフードもフード1gあたりのカロリー量は、小型犬用の方が高く設定されているのが一般的です。

プレミアムドッグフードを選ぶときも同様、これらの点を考慮して、愛犬の体格にあったフードを選ぶのがよいでしょう。

プレミアムドッグフードの安全性(アレルギーなどのリスクはあるか)

ペットの皮膚炎の10%がアレルギー性皮膚炎で、そのうち23~62%が食物性であると言われています。

獣医師
牛肉、豚肉、鶏肉、卵白、卵黄、牛乳、小麦、大豆、トウモロコシといったものが主要なアレルゲン物質として特定されています。

さらに、ドッグフードに含まれる合成添加物もアレルゲンとなる場合があるため、これらが最小限に留められているプレミアムドッグフードは食物アレルギーを起こすリスクを下げることができます。

また、グレインフリーのドッグフードを選べば、さらにそのリスクは下げることができるでしょう

しかし、食物アレルギーを起こす原因物質はワンちゃんによって違うので、プレミアムドッグフードを食べていれば食物アレルギーを必ず起こさないというわけではありません。

しかし、市販のドッグフードで食物アレルギーを起こしてしまうワンちゃんなどでは試してみる価値はあります。

プレミアムドッグフードと肥満(去勢・避妊)の関係について

去勢、避妊手術を行った後はホルモンバランスの変化により代謝も変化し、一般的に太りやすい傾向にあります。

このため、最近では去勢、避妊後専用の低カロリーのフードも販売されています。

低カロリーのドッグフードは、カロリーを抑えるために、動物性たんぱく質(肉類)を抑え、穀物(小麦、トウモロコシなど)を多く含んでいるものが多いです。

獣医師
犬は本来肉食動物なので、動物性たんぱく質が体の維持には大切で、穀物の消化は苦手とされています。

前にも述べた通り、穀物を多く含むフードは消化の負荷になったり、食物アレルギーを起こすことがあります。

このため、太りやすい傾向にあるワンちゃんには低カロリーで高品質な動物性たんぱく質のドッグフードを選んであげると太りにくく、なおかつ健康な体を保つことができるのです。

グレインフリーや穀物の割合が低いプレミアムドッグフードは、肥満予防にも適したフードと言えそうです。

肥満の予防にはフードの内容もそうですが、適した量をあげることも非常に重要です。

犬のライフステージ、運動量などによっても必要なエネルギー量は変わってきますので、こまめに体重を測り食事管理をしっかりすることが重要です。

獣医師に聞いた!おすすめのプレミアムドッグフード

最後に獣医師の先生に聞いた、おすすめのプレミアムドッグフードを紹介します。

モグワン

料金/量 3,960円(税抜) / 1.8kg
原料 チキン&サーモンが主原料
原産国 イギリス
カロリー 100gあたり344kcal
対応年齢 全年齢対応

モグワンは食いつきの良さにとても定評があるメーカーです。

他のドッグフードはどれも食べなかったワンちゃんも、モグワンのドッグフードだけは美味しそうに食べるという話もあるようです。

上質なタンパク源である鶏肉と、アスタキサンチン、DHA、EPAといった栄養素含むサーモンが主成分となっており、動物性たんぱく質の含有量が高いフードです。

このため香りも強く、これが食いつきの良さにもつながっているようです。

グレインフリーとなっているので、アレルギー予防に関してもしっかりと配慮されています。

全年齢対応で、必要な栄養成分をバランスよく配合しているので、年齢によってフードを変えることなく使用することができるのも魅力といえるでしょう。

たんぱく質の含有量が多いため、特にたんぱく質を多く必要とする成長期やシニア期のワンちゃんにおすすめです。粒の大きさも小さめですので小型犬やシニア犬でも食べやすいです。

プレミアムドッグフード『モグワン』

ブッチ

ブッチは品質と安全性に非常にこだわっているメーカーで、原材料は全て、農産物に対する規制が世界一厳しいといわれるニュージーランド産のものが使われています。

さらに、厳格な検査をクリアした生産農家から供給される原材料のみを使用しているため、トレーサビリティが保証されています。

肥育地はもちろん、製品化されるまでの情報を全て追跡可能です。

原材料の魚においても同様で、漁獲海域や出漁日時、流通経路などを確認することができます。

また、ブッチの非常に特徴的な点はウェットフードであることでしょう。

ウェットフードはワンちゃんの嗜好性が高いだけでなく、ドライフードよりも水分を多く含むため、体内水分量を高く保つことができます。

実際に、ブッチのドッグフードは通常のドライフードの7倍の水分を含むそうです。

特に高齢犬では水を飲む量が減ってしまったり、腎臓病などで体が脱水しやすい状態になっているワンちゃんもいるため、これは大きなメリットと言えます。

また、歯のトラブル(歯周病、抜歯後など)でドライフードが食べづらいワンちゃんも歯を痛がることなく食事をとることができます。

グレインフリーで無添加のため安心で、さらに人でもたくさんの体に良い作用が知られているオメガ3脂肪酸を含んでいる点も大きな魅力です。

Butch

アランズ ナチュラルドッグフード

アランズ ナチュラルドッグフードは、「野生の犬が自然の中で食べていた食事を、できるかぎり忠実に再現する」というイギリスで提唱されている自然給餌の考え方をいち早く取り入れたメーカーで、無添加・自然素材にこだわりをもって作られています。

アランズ ナチュラルドッグフードの特徴的な点は、動物性たんぱく質としてラム肉を使っている点です。

ラム肉に豊富に含まれるカルニチンには、身体を活性化する効果があります。

また、ビタミンA群、B群、鉄分といった栄養素が豊富に含まれています。ビタミンAには免疫機能を正常に保つ作用があり、ビタミンB1は元気な体に、B2は美容効果に、B12は体調維持に、Dは骨を丈夫に維持するのに有効な成分です。

人間も食べられる上質な生肉を原材料に使用しているため、品質に関してもとても良いものといえるでしょう。

また、牛肉、豚肉、鶏肉は食物アレルゲンとなる可能性があることが知られていますが、ラム肉はアレルゲンとなる可能性が低いとされているため、食物アレルギーを持つワンちゃんにおすすめしたいドッグフードです。

イギリス産『ナチュラルドッグフード』

カナガン

料金/量  4,965 円 / 2.0kg
原料 骨抜きチキン生肉が主原料
原産国 イギリス
カロリー 100gあたり約361.25kcal
対応年齢 全ライフステージ対応

カナガンはグレインフリー、高品質にこだわっている、非常に安全性の高いフードメーカーです。

主原料にイギリス最高級の鶏肉が使用されている高たんぱく質のフードで、成長期やシニア期に特に必要なたんぱく質をしっかりと補ってくれます。

他にも抗酸化作用を持つセレン、体の維持に必要なビタミンやリン、関節痛の予防に有効とされているグルコサミン、コンドロイチンも含まれており、ワンちゃんの体に良い成分がバランスよく整えられているフードといえるでしょう。

また、一般的なドッグフードは炭水化物として小麦やトウモロコシが加えられていますが、カナガンのフードはこの代わりにさつまいもが加えられています。

さつまいもはこれらに比べて高価なためあまりドッグフードで使用されることはありませんでしたが、さつまいもは消化率が高く時間をかけて消化吸収されるため、身体に負担をかけにくく、腹持ちもいいので活動量の多いワンちゃんも空腹の時間を短縮できるかもしれません。

粒も小粒で、小型犬も食べやすいフードになっています。

イギリス産最高級ドッグフード『カナガン』

いぬひかり

海外ブランドが多い中、こちらは九州産の若鶏を使用し、原材料も全て国産のものにこだわってできたフードです。

もちろんヒューマングレード(人間が食べるものと同等)の食材が使われているのでとても安心です。

犬は元々肉食動物で炭水化物類の消化が苦手ということもあり、通常のプレミアムドッグフードは肉類を主体とし、穀類や野菜類は少なめに構成されていることが多いです。

一方、いぬひかりは、黒米・大麦・玄米・ハトムギなどの穀物類と、ゴボウ・にんじん・キャベツ・白菜・高菜・パセリなどの野菜などを配合し、肉だけでは摂りにくい栄養素をしっかりと摂ることができます。

ここで当然、「炭水化物の多い食事は消化の負担にならないの?」といった疑問が浮かんでくるのですが、いぬひかりは全てをパウダー状に加工することにより、腸に負担をかけないよう配慮されています。

穀物が入っておりグレインフリーではありませんが、食物アレルギーの原因となりやすい小麦は含まれておらず、食物アレルギーのリスクは低いといえるでしょう。

生産地のわかる国産は何といっても安心ですので、国産のものを与えたいという飼い主さんにおすすめのフードです。

国産無添加ドッグフードいぬひかり

ネルソンズ

ネルソンズの創業者とその奥様はビーグルのブリーダーとして有名な方で、数々のドッグショーで高い評価を得てきました。

そのこともあり、ネルソンズのドッグフードは美容効果の高さが有名です。高たんぱく、低炭水化物でしっかりとした体を作り、サーモンオイルや海藻が毛のコンディションを整えることで、ワンちゃんの健康的な見た目を保つことができます。

グレインフリーにもこだわったフードで、穀物が入っていない分新鮮な鶏肉を贅沢に含んでいるため、ワンちゃんの食いつきもいいと評判です。

また、オリゴ糖を配合している点も特徴的といえるでしょう。

オリゴ糖は腸内環境を正常化することで、便秘を改善させたり、皮膚のコンディションを整える効果もあります。

また、グルコサミン、コンドロイチン配合で、関節炎の予防にも効果が期待できそうです。ネルソンズのフードは粒が大きくやや硬めなため、中型から大型犬におすすめです。

いくつか具体的に商品を紹介しましたが、どのメーカーも品質、安全性、栄養バランスには非常にこだわっており、とても良いドッグフードといえると思います。

愛犬に合ったドッグフードを選ぶ上では、細かな原材料にまでこだわることも良いかもしれませんが、何よりワンちゃんが美味しそうに喜んで食べるものを選ぶことがとても重要なことだと思います。

世界中の愛犬家に大人気のドッグフード『ネルソンズ』