ドッグフードとダイエットの関係!獣医師が教える肥満予防の方法

スポンサードリンク

ドッグフードとダイエット、このキーワードは切っても切れない関係にあります。

実は、ダイエットは本来、”食事療法・普段食べている食事”を意味しますが、ここで解説するダイエットは、特に減量を目的としたものです。

犬(実際には動物全般当てはまります。)にとって肥満と言う状態は健康ではありません。

ぽちゃっとして可愛い、ぶよぶよ感がたまらない、そんな方は多いのではないでしょうか?

しかし、それは人間に当てはめてみると NGです。

糖尿病が怖い、心臓病が怖い、体重による関節炎が痛い、息切れがしてしまう、そんな恐怖がありませんか?

犬も、決して例外ではありません。

やはり、太っていることで体にマイナスになることは沢山あります。

例えば、膝の関節に遺伝的な問題がある子が多いですが、体重過多であれば負担が増えます。

痛みが出たら、ますます運動制限によって太ります。

糖尿病も、人間だけの病気ではありません。

”欲しがって仕方ないんです、かわいそうで、つい・・・”とか、”だっておばあちゃんがあげちゃうんです!”と言う言い訳をよく耳にしますが、人間に当てはめて下さい。

お子さんが欲しいだけ食べたらどうなりますか?犬は子供時代が短いですから、成長期はあっという間に終わります。

お子さんが成長している間は、成長の為のエネルギーが大量に必要であり、運動もよくするので消費されるカロリーも多いです。

一方、犬の場合はそんな成長期は1年程度であり、気がつくと人間で言う”中年”の時期がやって来ます。

飼い主さんがカロリーを計算して与えなければ、大変なことになってしまいます。

”うちの子はカップ一杯です”とおっしゃる飼い主さん、その量は何キロカロリーですか?

”うちの子はポチャさん体型”と言う自覚のある飼い主さんは、まず、適正体重維持に必要な適量を与えているかの確認からスタートです。

犬の適正体重は

”適性体重を維持していく為には、栄養のバランスが取れた適切なフードを必要なカロリーだけ与えればいい”と言えば簡単ですが、では、適性体重を皆さんはご存知でしょうか?

健康診断で、”少し太っていますね、減量をする必要があります”と言われた場合に、獣医師は適性体重とは何であるか解説していると思いますが、もう一度、おさらいをしてみましょう。

適性体重は非常に主観的な部分がありますが、おおよその見当をつける為に、獣医師は以下のものをチェックしています。

Body Condition Score (BCS、ボディコンディションスコア)

人間ではBody Mass Index (BMI、ボディマスインデックス)を使用して肥満の度合いを検討しますが、動物の場合には、このBCSを用います。

これは非常に痩せている1から、非常に太っている5までを数字で表す5段階(9段階もあります)から成り、目安としている条件は以下のようになります。

  • BCS 1:非常に痩せている状態で、いわゆる骨と皮、肋骨は浮き出ている。
  • BCS 2 :やや痩せ気味で、肋骨はやや浮き出ているが、全体的に脂肪も薄くついている。
  • BCS 3 :理想的な体型で、腰のくびれがわかり、全体的に適度の脂肪がついている。
  • BCS 4 :やや太り気味で、背中がやや平らになり、腰のくびれがわかりにくい。
  • BCS 5 : 肥満状態で、背中は平らに脂肪が分厚く、腰のくびれは消失している。

注)ガイドラインに沿って評価したとしても、診る獣医師の主観が入ることは否定できません。

しかし、重要なことは理想体重に近いのか遠いのか、と言う点になります。

また、飼い主さんが気付きやすい部分は、腰のくびれと背中の凹凸です。

標準体型であれば、腰のくびれは上から背中を見下ろした時に明らかであり、背中の凹凸は背骨を頂点として両サイドになだらかに傾斜が見られる状態です。

例えば、テーブルのように背中が平らになっている場合には、BCS5と判断されます。

(9段階評価は5段階評価より、更に細かく評価します)

BCS 4はおよそ 20%体重オーバー、 BCS 5はおよそ 40%体重オーバー、と考えらています。

ですから、この数字を利用して参考となる理想体重を知ることが出来ます。

まずは、健康診断がてら病院に行って、減量が必要である場合には理想体重が何キロか教えてもらいましょう

また、動物はロボットのように決まった形があって、どの子を測定しても同じ形で同じ重さになるわけではありません。

目標体重をある程度の目安にして、実際に体重を減らしながら、見た目や触った感覚から脂肪の付き方を判断し、最終的に適切であると判断された体重が維持体重となります。

減量を始めた際には、1週間に現体重の2%以上を超えるような減量はしないようにしましょう。

犬のダイエットが必要な目安は

先に示したように、BCS 4や 5と判断された場合には、ある程度の減量が必要となります。

見た目太っている方が可愛いと思っていても、明らかに不健康であると言うことですから、心を鬼にして減量に励まなければなりません。

また、飼い主さんにとっては普通であっても、獣医師の目から見て肥満と判断されることが多いです。

特に、太っていることで皮膚のたるみが出やすくなる犬種などは別の病気を引き起こすきっかけになりますから、獣医師のアドバイスをしっかりと聞きましょう。

そして、絶対に飼い主さんの判断で減量をスタートすることはしないようにして下さい。

犬によっては太っている理由が、実は何かの病気のサインであることがあります。

血液検査などが必要になりますから、最近、やたら太ったな、などの変化が見られた場合などは、まず最初に獣医師に相談しましょう。

検査結果に異常がなく、生活習慣から肥満してしまっただけである場合には、理想体重を教えてもらい、必要な生活指導をしてもらいましょう。

犬が太る原因とダイエットの関係性

子犬の頃は、コロコロして可愛かったけれど、成犬になるにつれてあまり太らなかった、と言うタイプの子もいれば、見事に太ってしまう子もいます。

この差は一体どこから来るのかを考えてみましょう。

運動不足はしていませんか?

雨が降ったり、夏の暑い日は散歩が出来ないこともあります。

こう言った運動不足が日々重なってしまうと、当然、1ヶ月後には確実にふくよかな体が出来上がってしまいます。

運動が不可能な日には、部屋の中で何か出来る遊びを考えたり、翌日は少しだけ散歩を長くする、或いは、遠出をする日を作る、などの工夫をしなければなりません。

また、急に運動量を増やすなどの変化や、運動が出来なかった分として、フードを少なくすると、”普段とは違う”と言うストレスから体調を崩すことが多いですから、お勧めできません。

おやつは適量与えていますか?

最近では低カロリートリーツ、アレルギーを考慮したトリーツ、可愛い形をしたトリーツ、などのバラエティに富んだトリーツが手に入るようになりました。

ここで飼い主さんが忘れてしまいがちなのは、トリーツのカロリーです。

そのカロリー分を差し引いてご飯をあげていますか?あげ過ぎと言うことはありませんか? しつけの一環としてトリーツを効率よく利用することは、非常に良いことです。

しかし、ご飯を同じだけ与え、トリーツも与えていれば、当然カロリーオーバーで肥満に繋がります。

トリーツのカロリーは低いから少しぐらい平気、と思っていても、その”少し”は人間にとってではないでしょうか? 診察室で大人しく診察をさせない皮膚炎の大型犬に、ありったけのトリーツを与えながら静かにさせている飼い主さんを見かけたことがあります。

その子は既に肥満犬であり、しかも、大人しくしないのは、明らかに”大人しくしなければトリーツを貰えると!”と逆に考えての行動と思われました。

人間の勘違いが生んでしまう肥満、しかも、この犬の場合にはアレルギー性皮膚炎を疑っていた為、何れにしてもトリーツ禁止となりました。

良かれと思っていても、計画的に与える、体調を考慮して与える、と言うポイントを忘れてはいけません。

当然、獣医師と相談して与えるべきです。

ドッグフードの一日の給与量は適切ですか?

意外な盲点であるのが、この1日の体重あたりの適切量なのです。

おそらく、殆どのの飼い主さんは”今更、何ですか?”と思われるでしょう。

しかし、与えているフードのパッケージに書いてあるガイドラインをしっかりと見て与えていない方が、現実に肥満犬を連れて減量相談に来院する、と言う事が多々あるのです。

そして、このポイントでは更にもう一つの盲点があります。

痩せさせる為にガイドラインを見て与えています、とおっしゃる方でも、理想体重に合わせておらず、現在の太っている体重に合わせている場合があるのです。

現在の太った体重が15キロとしましょう。

理想体重が12キロであれば、12キロの子が食べる量を与えるのが妥当です。

(もちろん、状況によって量は調節が必要です。)しかし、そのまま15キロの子が食べる量を与えていれば、痩せることはありません。

太る病気がある事を知っていますか?

大抵の方は病気をしたら痩せると言うイメージを持たれると思いますが、中には太ってしまう病気もあります。

腹水や寄生虫感染などの他に、犬の肥満を伴う病気でよく見受けられるものに、内分泌の病気があります。

これはホルモンが関係するもので、代表的なものは、甲状腺機能低下症と副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)です。

甲状腺機能低下症:甲状腺は首にある器官です。

ここで作られて分泌される甲状腺ホルモンによって、元気に活動する事ができます。

しかし、この機能が低下する場合にはホルモンが少なくなってしまう為、元気がなくなり、生きて行く為の体内の活動も低下してしまいます。

その為、体の新陳代謝が鈍くなり、体は太ってしまいます。

副腎皮質機能亢進症:副腎は腎臓の上に乗っかった小さな器官です。

この器官から出るホルモン(副腎皮質ホルモン、または、コルチゾール)が、多過ぎてしまう状態を副腎機能亢進症と言います。

コルチゾールは、ストレス、血糖値、感染、など、様々な事に関係しており、多過ぎたことによって体に異常が見られます。

その一つに、太ると言う症状があり、腹部が特徴的に膨らみます。

これらの病気は、”太っているからこの病気だ”と言うわけではなく、他の症状もいくつか合わさっている事が殆どですから、検査をしなければ診断ができません。

また、治療しなければ肥満解決は難しいです。

獣医師が教える犬のダイエット法

人間のダイエットは意志が弱いと難しいですが、犬の場合には飼い主さんが指導してあげるだけなので、実はそれほど難しいわけではありません。

飼い主さんの意気込みが全てと言えるでしょう。

具体的にどのようにダイエットを行うか、その一例を紹介します。

健康診断を行う

肥満以外の問題があるかチェックをする必要があります。

健康に問題がある場合には、減量を実行できない事もありますから注意して下さい。

理想体重を知る

目標となる体重を設定しなければ、どの程度の期間、どの程度のペースでダイエットを行うのか見当がつきません。

先が見えないダイエットは挫折にも繋がりますから、健康診断で目標となる体重を教えてもらい、計画を立てましょう。

フードの見直し

減量用のカロリー控えめフードを用いることで、効率良く減量が可能な子もいます。

しかし、今まで別の病気の治療の一環として食べていたフードがある場合には、簡単にフードを変更することはできません。

フードは必ず獣医師の指示に従って下さい。

給与量の見直し

必要な量を守って与えなければなりません。

ただし、いきなりフードの与え方を変更することは難しいですから、獣医師の指導の下、少しずつ量の調節をして行くなどの工夫をしましょう。

また、トリーツを与える場合には、それも考慮して量を調節することを忘れないようにして下さい。

運動

特に運動制限がない場合には、軽い運動をさせて気分転換も必要です。

獣医師に運動許可を貰っている場合には、今までの散歩コースを心持ち長めにする、など、その日の体調に合わせて工夫をしてみましょう。

定期的な体重測定

人間なら、毎日体重計の数字を確認すると思いますが、もちろん、それはペットの犬の場合も同じです。

できるだけ、1週間に一度は測定をしましょう。

自宅で測定が無理な場合には、動物病院で測定だけお願いする事も可能です。

経過報告がてら、立ち寄るのも良いでしょう。

過激なダイエットになっていないかは、数字が教えてくれます。

体重維持

目標としていた理想体重になった場合には、その後の維持が大切です。

フードの変更も兼ねて、獣医師に相談してみましょう。

運動ができないワンちゃんはドッグフードだけでも効果ある?

答えは、太っている原因によりますがイエスです。

例えば、フードの量をあまり管理せずに多めに与えていた場合には、フードを調節してあげれば十分痩せられる可能性があります

運動ができない体調であれば、尚更、体は痩せている方が負担も少なくなりますから、フードの見直しとダイエット計画を獣医師と行って下さい。

ダイエットにおすすめのドッグフード

有名ブランドの減量フードは、何度も改良されて美味しさアップをしています。

一生食べると言うより、減量時だけ使うと言うやり方で十分ですから、試してみる価値はあります。

以下に一例を挙げますが、獣医師の指導無しに与えることは絶対に避けて下さい。

体調を崩す可能性があります。

ヒルズ・プリスクリプションダイエット

以下の製品は比較的新しい製品で、どうしてもおやつを欠かせない場合には、トリーツも出ています。

プリスクリプション・ダイエット 療法食 犬用 メタボリックス 小粒 3kg ドライ

肥満を抱えた犬用のドッグフードとしておすすめできます。また体重の維持にも使えます。

プリスクリプション・ダイエット 療法食 犬用 メタボリックス+モビリティ 小粒 4kg

肥満と関節炎の両方、或いはどちらかの問題がある犬用のダイエットドッグフードです。こちらも体重の維持にも使えます。

プリスクリプション・ダイエット 療法食 メタボリックス ビスケット 犬 80g

カロリー控えめの犬用ダイエットおやつです。

*ヒルズは100%満足保証という制度がある為、食べない場合には返金制度があります。

ダイエットフードとしてはヒルズがおすすめになります。

ドッグフードランキングでは栄養やアレルギーを中心に説明していますが、ダイエット目的であれば、専用のドッグフードを選ぶようにして下さい。

日々の生活で愛犬の肥満を予防しましょう。