犬に歯磨きは必要?獣医師が教える正しい歯磨きの知識とステップ

スポンサードリンク

今時の飼い主さんは、おそらく我が子の歯磨きを毎日実行している、歯ブラシは揃えてみたけれど三日坊主、歯磨きガムを使っている、といった形で、全く気にした事がない方は少ないのではないでしょうか。

勿論、飼い主さん自身の歯磨きは毎食後必ず行う、或いは朝食後と就寝前はしっかりと磨く、と言う方が殆どでしょう。

その理由を聞かれれば、当然、”虫歯予防”と言う答えが返ってくるはずです。

では、犬は人間と同じように虫歯はあるのでしょうか?答えは”虫歯とはちょっと違う”です。

人間の虫歯は、細菌が作り出す酸によって歯を溶かす状態です。

しかし、犬の口の中は人間の環境とは少し異なります。

犬の唾液は人間の唾液に比べてアルカリ性であり、その為、口腔内の細菌の状況も異なるのです。

アルカリ性の唾液は、酸性が好きな細菌は育ちにくい利点がありますが、一方で、非常に歯石が出来やすい欠点があります。

そして、歯が溶ける虫歯による弊害よりも、歯に付着したプラーク(歯垢)や細菌ががっちりと固まった歯石による歯茎などの感染と炎症(歯周病)、更には口臭が問題になるのです。

人間の歯科医院でもポスター等を見かけたことがあると思いますが、虫歯から心臓病、腎臓病、と言った怖い病気になる可能性があると言われています。

口腔内の細菌が血流に乗って別の器官に到達してしまうかもしれないのです。

犬の場合も同じことが考えられており、それを防ぐ手段を考える必要がある訳です。

犬に歯磨きが必要な理由

犬が歯磨きをしないと、歯周病になるだけではなく全身にも影響が出る、それが理由です。

そもそも、犬の歯磨きと言われても、そんなに大事なことであるか疑問を持つ方はまだまだ多いのかもしれません。

同じ動物でもある野生動物は歯磨きを全くしません。

しかも、彼らは長い歴史の中、ずっとそれを続けている訳で、やはり歯磨きは動物には必要ないと思いがちです。

しかし、その結論を出す前に考えなければならない点があります。

野生動物の寿命とペットとして飼われている犬の寿命は、全く異なります。

野生動物は自然界で毎日エサを見つけて食べられる可能性が低いですが、ペットの犬は毎日確実に十分な食料、しかも殆どの犬は完全な総合栄養食品とされるドッグフードが与えられます。

獣医師
この栄養のバランスが良いドッグフードのお陰で、長生きできる可能性が出てきます。

更に、長生きをすると何かの病気にかかる可能性も出てきますが、ペットであれば治療されることでしょう。

ところが、長生きできる期間に歯磨きをしないでいたら、歯石は着実に多く蓄積して、全身に悪い影響を与える可能性が高くなります。

それがいわゆる”歯周病”の正体でもあります。

犬の歯周病と歯磨きの関係

歯周病の原因は、プラークと言われる食べかすと細菌が一緒になった塊です。

プラークの段階では、まだ歯にこびりついていても簡単に歯磨きで落とすことができます。

しかし、このプラークをそのまま磨かずに放置した場合に、早ければ 3日程度で唾液のカルシウムやリンにより固くなった歯石へと変化して行きます。

獣医師
この歯石は歯磨きで落とすことは不可能で、獣医師が特別な道具を使って、しかも麻酔した状態で除去しなければなりません。

そして、歯石は歯肉の炎症を起こして出血したり、歯が歯茎から剥がれた状態になって歯周ポケット(歯と歯茎の間の隙間)が深くなり、そこへプラークが入り込みます。

その後、プラークに含まれる細菌は歯の根っこまで到達したり、周囲の骨を溶かしたりします。

歯がグラグラし始めて、引っ張るだけで抜け落ちてしまう事さえあります。

重症化した場合には”根尖性歯周炎”と言って、歯の根っこまで到達した細菌により膿が溜まって、その部位に近い皮膚が腫れたり、破裂を起こすこともあります(多くは上の歯で起こり、目の下が腫れる)。

特に小型犬や中型犬では、目の下が腫れていることで病院に電話をして来て、”口の中はどうですか?”と聞かれて、”臭くて汚いから、たまにそばに寄らないで、って思う事もあります!”という答えに、歯周病が原因の可能性を指摘されて、大急ぎで受診される飼い主さんもいらっしゃいます。

歯周病の恐ろしい点は、こう言った口の中や周りの問題だけではなく、全身にも歯周病菌が影響を及ぼして、腎臓や心臓、肝臓、等に問題を起こす可能性が言われている事です。

例えば、腎不全の治療を行う場合は、歯の問題がある子には歯の治療もしてあげなければなりません。

このように、歯磨きをせずに放置しておけば口臭のみならず、体調に影響が出てくるのは明白です。

そして、皮肉なことにペットとして飼われている3歳以上の犬の8割近くが歯周病を発病しています。

その為、お家に迎え入れた時から毎日必ず歯磨きをして、歯石が作られないようにすることが一番簡単で”経済的”な予防法になるのです。

犬の歯石の原因になる食べ物

まず、どのような食べ物もプラークとなり得ます。

ドライフードもウエットフードも、唾液に混ざって水分を含んだ状態になれば、歯にべったりとくっ付いてしまうプラークになります。

この2つを比較すると、付着する度合いに多少の差があることが分かっています。

ウエットフードは、非常に水分よく含んでいると言う材質から、歯に付着しやすく、歯周ポケットに入り込みやすい可能性があります。

ドライフードは、カリカリと噛む事で歯が擦れてプラークが付きにくい、と考えられます。

獣医師
しかし、ここで問題なのは、いずれにしても歯磨きをしないとプラークは口の中に残っていずれ歯石を作り出してしまう、と言う事実です。

ですから、如何なるフードの素材であれ、基本的にはデンタルケアをしなければならないです。

獣医師が教える犬の歯磨きの手順

今までに全く歯磨きをしたことが無いワンちゃんに、ある日突然、口を開けて奥までしっかり磨こうとしても、簡単にできる子は非常に少ないでしょう。

最近では、様々なタイプの歯磨きグッズが販売されています。

しかし、それに飛びつく前に、まず最初にワンちゃんに口を触らせてもらう、口を開いてもらう、口の中に手を入れさせてもらう、じっとしてもらう、と言った点をこなして行かなければなりません。

以下にポイントを説明します。

<歯磨きを始める前に>

①歯磨きをするタイミング

1日に複数回の食餌を取る子は、毎食後が無理であれば、次の食餌までに最も長く時間が空くタイミングが好ましいです。

例えば、夜から朝にかけて長時間空く場合には、夜の食餌の後に歯磨きをする、と言った形でも良いです。

1日1回の歯磨きが完璧であれば、中途半端な歯磨きを何度も繰り返すよりも効果があります。

どうしても時間が作れない場合には、最低でも3日に一度程度はしっかり磨く時間を作る、磨けない日は歯磨きガムや歯磨きシートなどを使う、などの工夫をして下さい。

②歯磨きは”スキンシップ”

どんな嫌なことでも、飼い主さんとの”スキンシップ”であると思わせれば良いわけですから、歯磨きをしながら撫でたり、声をかけたり、飼い主さんも一緒に楽しんでいることを示すことが必要です。

終了時には、必ず十分に褒めてあげましょう。

また、大抵の子は長い時間拘束される事が嫌いです。

いくらスキンシップでも、手早く終わることが望ましいです。

<歯磨きを実践する場合>

①歯磨きに慣れさせる

慣れていない子は、口の周りや口の中を触らせるように練習をします。

なかなかいじらせてくれない子は、いつも食べているフードの1粒などをご褒美に使って、マズルを触らせてくれたらご褒美、と言う形でスタートすると良いでしょう。

口のどこを触っても問題なく慣れて来たら、道具を使い(ガーゼを指に巻きつける、でも良い)、左から右、右から、左、上から下、表から裏、などの順で磨き残しないように歯に触れていきます。

いきなりの道具は怖がるので、まず、見せたり、少し道具を使って触れたり、いい子にしたらご褒美、などを繰り返して範囲を広げて行きます。

全体を道具で触れるようになったら、いよいよ、歯磨きを実践して行きます。

磨く行為を嫌がる場合には、やりやすい場所から少しずつ行い、短時間で全体を周り、磨き残しに注意しましょう。

(できれば、歯周ポケットを意識しながら小刻みにしっかりと全体を磨く)

②デンタルケアグッズ選び

歯周ポケットまで入る歯ブラシと歯磨き粉(必ず動物用の物)が主流ですが、指先にはめるタイプやガーゼ、手袋タイプなど、沢山あります。

これらは、飼い主さんが実際に使いやすく、ワンちゃんの口を開けさせている状態に負担がかからない、適切なサイズの物が必要です。

ワンちゃんによっては歯ブラシをかじって飲み込みそうになったり、などの危険な場合もあります。

磨き方の指導も兼ねて、かかりつけの獣医師にデンタルケアグッズを相談すると良いでしょう。

突然使い始めるとワンちゃんもびっくりするので、口を触ることに慣れたら、徐々に使い始めましょう。

歯磨きの注意

ワンちゃんの歯磨き訓練は、1日で終わらせるものではありません。

ゆっくり時間をかけて訓練を続け、楽しい遊びの一環と理解するように、リラックスさせながら実行して下さい。

一番最初の目的は歯磨きの仕方を完璧にするのではなく、歯磨きをする癖をつけることです。

また、歯ブラシ以外の物は歯周ポケットまでのケアが不十分になる為、どうしても歯ブラシを受け付けない場合や難しい場合を除いては、歯ブラシをお勧めします

動物病院で歯磨きをしてもらうメリット

獣医師
一度出来てしまった歯石は非常に固く、飼い主さんが自宅で歯ブラシやガーゼを使って磨き落とすことはできません。

この段階ではプロに任せることになります。

動物病院での歯磨きを”スケーリング”や”歯石除去”と言ったりします。

これは、血液検査で麻酔に問題がないとわかった場合に、口の中の大掃除という形で麻酔下での処置を行います。

また、スケーリング前にはレントゲンを撮影して歯や顎の骨の状態を確認し、麻酔をかけた際にはじっくりと口腔内を視診し、異常を発見した場合には治療をすることもできます。

超音波スケーラーなどは、歯周ポケットまで深く歯石除去が可能です。

歯石除去をした後は歯の表面がざらつくので、ポリッシングと言って、表面を滑らかにする処置も行います。

これによって、表面の凸凹によるプラークや歯石の付着をある程度防ぐようにします。

明らかにグラグラした歯や異常と判断した歯は、その場で抜歯を行います。

抜歯しないでおくと更に感染が広がって骨に異常が起きることもある為、非常に重要な処置です。

多くの飼い主さんは、人間に例えた抜歯を想像するのでびっくりされますが、犬の食べ方は噛みちぎるよりも、そのまま飲み込むようにすることが多く、抜歯後も歯が沢山残っている場合には、今まで通りの食餌が出来ます。

見た目を気にして抜歯をせず、そのままにして全身に問題が波及すると、残念ながら寿命にも影響する事もあるのです。

犬の歯磨きや歯石におすすめグッズ

デンタルケアの基本は歯磨きをすることです。

優れた歯ブラシを使って、適切な歯磨きを実現することが重要です。

しかし、どうしても歯磨きができない場合には、好きな食べ物の匂いがする歯磨き粉で喜ばせたり、歯磨きガムを使うことも考慮すべきでしょう。

以下に、お勧めの歯ブラシと歯磨きガムを紹介します。

歯ブラシ

歯ブラシの利点は細かいところまで磨きやすく、凸凹してもいてもフィットする点と言えるでしょう。

柔らかい毛で、歯ブラシの持ち手をかじっても簡単に折れることないようなクオリティの高いものを選ぶべきです。

① ベッツドクタースペック、デンタルブラシ(ライオン)

10キロ以下の犬に限定されますが、犬の歯周の状態に合わせて超極細、ダブル毛、ラウンド毛、の3タイプあります。

[amazonjs asin="B00ORORZL2" locale="JP" title="ベッツドクタースペック デンタルブラシ(犬・猫用)"]

② C.E.T. ペリエイド、デンタルブラシ(ビルバック)

ダブル毛、極細毛で歯周ポケットにもしっかり入り込み、プラークをかき出すことも可能です。

[amazonjs asin="B00ZCDME5E" locale="JP" title="C.E.T. ペリエイド デンタルブラシ /ビルバック"]

歯磨きガム

口を触らせてくれない、どうしても抵抗する、という場合には、美味しい歯磨きガムを使う事も決して悪いことではありません。

しかし、獣医師の指導無しに食べさせることはできませんので、使用前には必ず獣医師と相談して下さい。

また、”美味しいので一瞬にして食べ終わってしまう”という事の無いように、ゆっくりと全体の歯で十分に噛ませるように飼い主さんの簡単な協力が必要です。

① オーラベット(ベーリンガーインゲルハイム)

アメリカの獣医口腔衛生協議会において、歯石ケアの効果が十分であることを認められた歯磨きガムです。

小型犬から大型犬までサイズ別になっており、噛むことにより、デルモピノールという成分が細菌やプラークを付きにくくするという商品です。

小麦、大豆、米、などの成分を含む為、これらのアレルギーがある場合には絶対に使用できません。

[amazonjs asin="B01LYS63GN" locale="JP" title="ベーリンガーインゲルハイム 犬用デンタルガム オーラベット XS 1.5~5kg未満 14個入り【デンタル用品】"]

② グリニーズ獣医師専用・免疫サポート・皮膚サポート(マース)

こちらも、アメリカの獣医口腔衛生協議会で効果を認められた歯磨きガムです。

2〜11kgの小型犬と中型犬に限定されますが、免疫力を高める抗酸化成分配合の免疫サポートと、皮膚の健康維持の為の必須脂肪酸オメガ3・6配合の皮膚サポートの 2種類あります。

デンタルケアと同時に免疫力を高めたり、皮膚ケアもできる優れ物です。

[amazonjs asin="B00H2ASKCG" locale="JP" title="グリニーズ 獣医師専用 免疫サポート 超小型犬用 30本入り"]

アレルギーに配慮してアレルギーの原因となりにくい豚由来のゼラチンを使用していますが、100%アレルギーが起こらない訳ではありません。

こちらもその点は十分に注意が必要です。