【犬のアレルギー】獣医師が教える食事などの原因と効果的な予防法

スポンサードリンク

ワンちゃんを飼っている人が気になることに、犬のアレルギーがあります。

  • 犬のアレルギーってどんな原因があるの?
  • アレルギー対策はどうすればよいの?

といった疑問を持っている飼い主さんも多いと思います。

今回は犬のアレルギーについて、獣医師に原因を聞いてみました。ドッグフードとの関係や生活習慣など、アレルギーの原因などの参考にして下さい。

犬のアレルギーとは

人間と同様に、犬のアレルギーは動物病院で毎日のように遭遇する病気の一つです。

人間や犬の免疫システムは、体に有害となる物(抗原、例えば病原菌やウイルス)が体に侵入して来た際に、その有害物質に対して適切な抗体と呼ばれるタンパク質を作り、それを用いて体を守ります。

獣医師
ところがアレルギー反応は免疫システムの暴走とも言われており、体には害が無い物でさえも勘違いをして過剰反応してしまうのです。その結果、免疫システムが体を守るのでは無く、逆に体を攻撃するような形で働くことになります。

実際に犬にアレルギー反応が起きた場合に見られる症状は、人間と非常によく似ている部分もありますが、以下に例を挙げてみましょう。

  • 全身、或いは一部の皮膚の痒み、赤み
  • 常に四肢末端を舐める(その結果、被毛が変色することもある)
  • 全身、或いは一部の脱毛
  • 皮膚の二次感染(細菌性皮膚炎や真菌性皮膚炎、引っ掻いたり、舐めることによる)
  • 脂漏(ベタベタした被毛)
  • 皮膚の乾燥やフケ
  • 皮膚の色素沈着
  • くしゃみ、鼻水、いびき
  • 涙、充血
  • 下痢、嘔吐
  • 外耳炎

などが犬のアレルギーで引き起こされる症状です。

これらの症状は必ずしも単一の原因で出ているのでは無く、場合によっては複数の原因が存在して複雑に症状を出していることもあります。

アレルギーに対する治療の基本は原因物質を突き止めて排除することですが、原因が複数の可能性がある場合には、その全てを特定することも難しく、飼い主さんも獣医師も非常に苦労します。

しかし、最近では獣医学におけるアレルギー研究も非常に盛んであることから、日々、治療法も進歩しています。

特にアレルギー治療の中心とも言える療法食(食物アレルギーを含む、アレルギー体質の子に適用)は、療法食=まずい、というイメージからかなり改良されています

犬のアレルギーの種類

犬のアレルギーと言っても、簡単な一つの病気の診断名ではありません。

人間では花粉症である人がいたり、魚介類アレルギーの人がいたり、金属アレルギーの人がいたり、と挙げればキリがないぐらいですが、犬のアレルギーも種類は沢山あるのです。以下に代表的な犬のアレルギーの種類を示します。

ノミ・ダニなどの外部寄生虫アレルギー

ノミやダニに刺されると唾液が犬の体の中に入ります。

その結果、唾液に含まれている物質がアレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)として、アレルギー反応を招きます。

主な症状は、皮膚のかゆみ、発疹、脱毛、などです。

特にノミアレルギーの場合は、背中からお尻にかけて脱毛していたり、その痒みから尻尾を齧ってしまっている子が多いです。

原因となるノミ・ダニの予防薬で確実に予防ができるアレルギーである為、治療に良く反応します。

室内飼い、外飼い、季節、などに関係なくアレルギーを発症する可能性があり、通年で予防することが必要です

食物アレルギー

食物アレルギーは、長い期間同じドッグフードを食べていることで、ある特定の食物(注)や添加物に反応して発症します。

一般的な症状は全身や一部の皮膚の痒みであり、多くは外耳炎を併発しています。

ただの外耳炎と思っていても、裏には食物アレルギーが隠れていることが多く、アレルギー用のドッグフードを処方されることもあります。

また、皮膚症状に限らず下痢や嘔吐を起こす子もいるので、益々フードには慎重にならざるを得ません。

人間の食品は今やアレルギー表示が当たり前になりましたが、犬の食物アレルギーも非常に多い為、現在は専用のフードも種類が豊富でフレーバーの選択肢も広がりました。

一度、食物アレルギーを発症した場合には、一生、アレルギーを起こさないような療法食を与える必要があります

たまに飼い主さんの好みでフードを変更してしまい、中に偶然アレルギー物質が入っていたことで、落ち着きかけていた症状がぶり返してしまうと言うことがあります。

アレルギーの診断が下った時点で、フード変更は獣医師の指導の下に行わなければなりません。

(注)アレルギーの原因食物の例:ビーフ、小麦、ラム、卵、チキン、大豆、ポーク、ラビット、魚、乳製品、など。多くの犬は複数の種類の物に対してアレルギー反応を起こす。

アトピー性皮膚炎

犬のアトピーも人間同様に環境に存在する何らかの物質を吸い込んでしまったり、皮膚から摂取してしまった場合に、皮膚に赤みやかゆみなどが出て、犬は必死にかゆみと戦って舐めたり、引っ掻いたりします。

症状が出る部位としては、顔面(顎や目の周り)、耳、四肢末端、胸、脇、腹部、内股、が挙げられます。

また、舐めた後に唾液が付着し、色素沈着、フケや脂漏、引っ掻き傷からの二次感染、と言った様々な問題が徐々に出て来ます。

発症すると言われている年齢の幅は広く、生後6ヶ月から6歳とされていますが、大抵、生後1〜3年の間に初めて症状が出始めます。

最初のうちは季節毎に変化が現れ、いつの間にか通年で症状が出るようになります。

アトピーの子の殆どは二次感染による細菌性皮膚炎や真菌性皮膚炎(酵母菌の仲間であるマラセチアが多い)と外耳炎を併発しています。

食物アレルギーであれば食物だけに注意をすれば良いですが、環境中に存在する物質に対するアレルギーは防御する方法も難しいことが多く、フードに関する制限も同時に行いながら、環境にあるアレルゲンとの接触を可能な限り防がなければなりません

接触性アレルギー

比較的に犬には少ない接触性アレルギーは、何らかの物質に長時間接していることで起こるアレルギー反応です。

特に被毛が薄い場所は皮膚を守る物が何も無く剥き出しになっていることから、症状が出やすいと言えます。

例えば、プラスティック製の食器を使用しており、いつも口が触れてしまっていることから、常に口の周りにかゆみが出たり、首輪の素材によっては反応して接触している首に赤みやかゆみ、脱毛、などが見られることがあります。

その他、ゴム、皮、金属、羽毛、カーペットの素材、などは身の周りに何かしら存在している物質ですから、生活環境の見直しを必要とします。

薬剤・化学物質などのアレルギー

人間でもある種の薬を飲むとアレルギー反応が出てしまうという方もいらっしゃいますが、当然、犬にも体質的にある種の内服薬が合わない子がいます。

また、接触性アレルギーの範疇でもありますが、よく見かけるのは”スポット・オン”タイプのノミ・ダニ予防薬によるかぶれや脱毛です。

同様に、犬用シャンプーやコンディショナーによって痒みが出たりする子もいます。

その他の犬のアレルギー

その他、直接使っている物ではない為に見落としやすいのが、家庭で使っている掃除用の洗剤、芳香剤、香水、タバコの煙、と言った間接的な接触のある物質です。

このように様々なタイプのアレルギーが存在していますが、犬は人間と違って自分からアレルギー物質(アレルゲン)を避けることが出来ません。

放置してしまうと、悪化の一途を辿ることになります。ですから、犬のアレルギーに対する治療は生活環境や犬の性質などの問題も含めて総合的に取り組んで行かなければならず、生涯に渡ってのケアが必要です

アレルギーが出やすい犬の特徴や年齢

一般的にどんな犬でも、どんな年齢でも、アレルギーを発症する可能性があると言われています。

ですから、”うちの子は絶対に大丈夫”と言い切れないのが現実です。先に挙げた代表的な4つのアレルギーについて、その点に注目して解説してみたいと思います。

外部寄生虫アレルギー

特に身近なノミやダニによるアレルギーは、犬の種類や年齢には関係がありません。

基本的には外出が多かったり、外飼いをしている子がノミ・ダニに寄生されるリスクが高くなり、発症する可能性も同時に高くなると考えられます。

しかし、最近では屋内の暖房設備の向上や地球温暖化の影響で、冬場にあまり見当たらなかったノミなども、かえって屋内で発見されることがあります。

外に絶対に出さないという飼い主さんは、”我が子は大丈夫”と思っていても、寄生虫が部屋に入り込んで来ることを考えれば、やはり発症するリスクは十分にあると言えるでしょう。

食物アレルギー

犬の食物アレルギー(或いは、食物過敏症)は、ドッグフードやその添加物に対するアレルギー反応であり、どんな犬でも発症する可能性があります。

また、食物アレルギーと診断された犬の約30%は、残念ながら生後1年以内と言われています。

アトピー性皮膚炎

先に述べたようにアトピー性皮膚炎の場合には、生後6ヶ月から6歳、多くは生後1〜3年の間に初めて症状を経験します。

また、このアレルギーは遺伝的な因子が関係していることもあり、アトピー性皮膚炎の発症している犬は繁殖を断念する必要があります。

獣医師
どの犬種も発症する可能性があると言われていますが、特にその可能性が高いと報告がある犬種は以下になります。
  • ゴールデン・レトリバー
  • ラブラドール・レトリバー
  • ピッツブル・テリア
  • ジャーマン・シェパード、ボクサー
  • イングリッシュ・セッター
  • イングリッシュ・ブルドッグ
  • パグ
  • フレンチ・ブルドッグ
  • ビション・フリーゼ
  • ダルメシアン
  • ウエストハイランド・ホワイト・テリア
  • スコティッシュ・テリア、ボストン・テリア
  • シーズー
  • ミニチュア・シュナウザー
  • ワイヤーヘアード・フォックス・テリア
  • ラサ・アプソ
  • チャイニーズ・シャーペイ

など、驚くほど数は多いです。

接触性アレルギー

どの犬種でも、どの年齢でも発症する可能性があります。

薬剤・化学物質によるアレルギー

どの犬種でも、どの年齢でも発症する可能性があります。

犬のサイズとアレルギーは関係ある?

獣医師
アレルギーを発症するか、しないか、という問題には犬のサイズが直接関係するわけではありません。

例えば、アレルギーで困っている多くのゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、トイプードルやシーズー、フレンチブルドッグ、柴犬やコッカースパニエル、と言った犬種を比較して見てもサイズに関係しているとは言い難いです。

アレルギーはどの犬も発症する可能性を秘めていますが、それがいつ、どのような形で発症するのかは解明されていません。

アレルギーとドッグフードの関係

まず、食物アレルギーを発症してしまった犬に対して一番大事なことは、アレルギーの原因となる物質を決して口にしてはいけないと言うことです。

獣医師
おやつでさえ原材料をしっかりとチェックして、”うっかり与えてしまった”と言うことがないようにしなければなりません。

次に、食物アレルギー以外のアレルギーで特に注目すべきはアトピー性皮膚炎です。環境因子を吸い込むことで発症するわけですから、ドッグフードも当然ケアすべきポイントです。

口から入る食べ物がアレルギーの原因にならないように考慮すべきであり、基本的にはアレルギーが起こりにくい療法食(注)を食べる必要があります。

(注)アレルギーが起こりにくい療法食:アレルギーが起こる可能性がある物質を除去したり、アレルギーが起こりにくい状態に調整したフードです。獣医師の指示によってのみ使用するフードであり、飼い主さんの判断で使用することはお勧めできません。

犬のアレルギー予防に必要なこと

アレルギーも病気の 1つです。病気の予防に一番大切なことは、何と言っても獣医師のチェックを頻繁に行うことにつきます。

獣医師
犬の場合には一年に一度、混合ワクチンと狂犬病ワクチン、と言った 2つの予防接種の際の健康診断が非常に便利です。

ワクチンの際の全身チェックにより、気づかなかった症状を見つけてもらったり、ドッグフードやシャンプーなどのアドバイスもして貰えます。

自宅で飼い主さんが行うべきケアは、お散歩後のお手入れです。外出して帰宅した際には、ブラッシングなどを行って被毛のほこりや花粉などをしっかり落としてあげましょう。

ブラッシングをすることで、同時に皮膚の状態もある程度確認ができます。自宅に上がる際に四肢を清潔にすることも有効です。

しかし、お湯などで洗浄した場合にはしっかりと乾かす必要があります。生乾きの状態では却って湿気を呼んで指間炎や感染症を招きます

与えるドッグフードは、必ず原材料を確認しておきましょう

受診時に食べているフードを聞かれて、意外と原材料を言えない飼い主さんは多いですから、普段から何を食べさせているか頭に入れておきましょう。

診察の際に必要な情報ですから、念の為、フードの入ったパッケージを写真撮影しておくと良いでしょう。

安いドッグフードはアレルギーになりやすい?

値段によってフードのグレードが異なるのは明らかですが、それらのフードの原材料に対してアレルギー反応が出るか、否か、は犬の体質によるものです。

同じ安いフードを食べ続けていても問題が無い犬もいれば、高いグレードのプレミアムフードを食べてアレルギー反応が出てしまう犬も存在します。

獣医師
重要なことは、小さい頃から健康で丈夫な体を作る良質の子犬用フードを用い、適度の運動をして将来に備えることです。

また、アレルギーが起こりにくいと言われているフードは非常に高価です。これらを食べることによって、ある程度のアレルギー発症リスクを回避出来ますが、決して100%回避できる訳ではありません。

良質なドッグフードについては、獣医師が教えるドッグフードの選び方も参考にして下さい。