猫にサプリメントは必要?獣医師が教える猫の健康管理の重要性

スポンサードリンク

人間でもサプリメントが身近になりました、猫ちゃんでも沢山の種類のサプリメントが手に入るようになりました。

しかし、そもそもこのサプリメント、何だと思いますか?

サプリメントはサプライ(supply)が意味するように、元来、何かを補うものです。

では飼い主として気になることに、猫にサプリメントは本当に必要なのか?ですよね。

今回は獣医師の先生に、どんな猫にサプリメントが有効か、またサプリメントは猫に本当に必要なのかを確認したので参考にして下さい。

猫にサプリメントは必要?

今猫ちんには何が不足しているのでしょうか?

”なんか、体に良さそうだから使いたい”と、明確な理由なく猫ちゃんに与えてしまうと、かえって害になることもあります。

健康である人間がビタミンのサプリメント、カルシウムのサプリメント、グルコサミンのサプリメント、などを使うことがあります。

これは、そういった栄養分が不足しがちで必要だからです。

しかし、なぜ不足しがちで必要になったかと言えば、人間は毎日袋から出して同じ”総合栄養食”を食べている訳ではありません。

毎日、基本的には異なる物を食べている方が殆どだと思います。

人間の1日の食事が完璧にバランスが整っていなかった場合、その積み重ねによって、多少の栄養の偏りが出たりすることがあります。

その場合は、不足した物を補う必要があります。

また、美容目的や、年齢によっては、少し多めに取らなければいけない栄養もあるでしょう。

一方、飼い猫ちゃんの場合は、殆どの方がほぼ毎日同じ”キャットフード”を与えていると思います。

獣医師
この”キャットフード”は、”総合栄養食”と表示されている場合には、毎日食べ続けても、栄養のバランスが非常に良く、健康維持の為には必須である栄養分が全て含まれています。

更に、年齢による猫ちゃんの体調の変化に合わせて、それらの栄養分のバランスは正確に調節されています。

ですから、健康な猫ちゃんの場合には、”総合栄養食品”と表示された”キャットフード”においては、不足する栄養があるかもしれない、といったことは、あまり心配する必要がありません

獣医師
しかし、何らかの病気によっては特別な栄養分が必要になることがあります。

この場合には、獣医師の診断の下でサプリメントの摂取を指示されることになります。

例えば、鉄欠乏性の貧血の猫ちゃんには鉄分のサプリメントなどが必要と言われるかもしれません。

その理由は、明らかに貧血の種類が分かっており、鉄が不足しているから補ってあげなければならないのです。

このように、猫ちゃんにおけるサプリメントは、人間のサプリメントのように軽い気持ちで買ってみる、というよりも、治療の一環として使用すべきであり、獣医師の指導を必要とします。

元気なうちからサプリメントを与えるべきか

健康な猫ちゃんが健康維持の為に、適切な”総合栄養食品”とされるキャットフードを食べている場合には、特にサプリメントを与える必要がありません。

総合栄養食品は、健康な猫ちゃんが必要とする栄養分が適切なバランスで調整されており、それを毎日適切な量を食べて、適切な運動をしていれば、健康維持に繋がります。

しかし、例えば高齢の猫ちゃんが、いくら総合栄養食だからと言って育ち盛りの仔猫用のキャットフードを食べてしまうと、腎臓に負担がかかったりする問題があります。

ですから、年齢に応じたキャットフードであることも当然必要です。

もちろん、病気にならない為にサプリメントを与える、という発想をする飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

獣医師
明らかな栄養失調がある場合を除いて、すべての病気を予防する為には、サプリメントではなく栄養バランスの良い良質な総合栄養食を食べさせ、適度な運動をさせ、最低でも年に1度の健康診断が最も効果的なのです。

健康診断を受ける意味は、飼い主さんにとっては健康そのものに見えても、獣医師が診ると病気になる”傾向”が見つかる可能性も十分考えられるからです。

また、人間が食べているフードを考えてみましょう。

人間には年齢別でフードが販売されている訳ではありません。

ところが、猫ちゃんの場合には年齢別フードも存在し、そのフードのクオリティによっては、高齢な子には特にグルコサミンやオメガ3などが加えられているものもあります。

獣医師
そう言った特別な栄養成分が入っていることを知らずにサプリメントを与えてしまうと、過剰摂取となることも考えられます。

ですから、どんな場合にも、一度は獣医師に相談をして必要性を判断することが重要です。

獣医師が教える猫サプリメントの種類と効果

動物病院で取り扱うサプリメントは、沢山の研究を重ねてから販売されるようになった物です。

ですから、獣医学的に明確なデータが出ていない物はありません。

また、サプリメントのクオリティは非常に高いので、体に吸収されやすいです。

獣医師
以下に紹介するサプリメントは、臨床現場においてしばしば遭遇する病気の治療に役立つ物ですが、必ず獣医師の指導の下で使用しなければなりません。

免疫向上のためのサプリメント

特に感染症などに弱い離乳期や高齢の猫ちゃんには抵抗力を高める必要があるため、総合栄養食品に加えて免疫向上を目的としたサプリメントを加えることがあります。

また、ガンなどの体力を消耗してしまう病気で抵抗力が下がった場合に、十分な栄養を与えると同時に免疫力をつけるサプリメントは活用すべきです。

バランス+(プラス)(丹羽メディカル研究所)

フリーラジカル(活性酸素)という言葉を聞いたことがあると思います。

これは、人間や動物の体を守る目的で体の中で作られる物質ですが、多すぎると逆に体を攻撃することになります。

その結果、体が病気になってしまいます。

しかし、体内にはそのフリーラジカルをやっつける酵素が存在します(スーパーオキサイド・ディスムターゼ、SOD)。

これは、まだ若齢であったり、逆に高齢であったり、ストレスがかかったり、といった条件下では働きが十分ではないことがあります。

そんな場合には、天然のSODである抗酸化物質を体に吸収しやすくしたバランスプラスを使えば、余分なフリーラジカルを除去して健康を維持してあげることができます。

体重当たりで量が決まっており、食餌に混ぜて食べさせても、単独で食べさせても良いのでタイプの粉末で、原材料は抹茶、胚芽、大豆、ぬか、ハトムギ、小麦、ゴマ油、柚子果汁、ゴマ、麹、となっています。

腎臓病のためのサプリメント

多くの高齢の猫ちゃんの健康問題で一番気にされるのは、慢性腎臓病だと思います。

腎臓病は猫ちゃん全体の病気の中でもトップを争う勢いであり、15歳以上の猫ちゃんの半分近くは、その進行度に差があるにしてもこの病気に悩まされていると言われています。

腎臓は必要な栄養分を再吸収し、老廃物を尿として外に出す働きを持っていますが、慢性腎臓病になってしまうと、老廃物が体の外に十分に出せなくなります。

その結果、体の中には老廃物が溜まってしまうため、老廃物が出にくいフードと老廃物を体の外に出す助けをしてくれるサプリメントが必要になります。

イパキチン(ベトキノール・ゼノアック株式会社)

慢性腎臓病で気をつけるべきことは、リンや老廃物が体に溜まらないようにすることです。

それでは、それらの原因とも言えるタンパク質の摂取を減らせば良いと言いたいところですが、タンパク質は体を維持するためには必要な栄養分です。

更に、慢性腎臓病になると、腎臓からタンパク質はそのまま尿へ排出されてしまう為、益々タンパク質は必要になります。

そこで、このサプリメントを使って、タンパク質に含まれるリンや代謝の結果出る老廃物を消化管内で除去して、便と一緒に体の外に出そうという訳です。

匂いも味も全くしませんので、敏感な猫ちゃんも騙せるかもしれません。

フードに必要量を混ぜて食べさせてしまいます。

非常に細かいパウダーなので、簡単に与えることができます。

獣医師の指導の下に、療法食や普通食に混ぜて与えましょう。

歯周病予防のサプリメント

多くの猫ちゃんは歯磨きをしていないのではないでしょうか?

嫌がる子がほとんどで、でも、”シャー!”とされた瞬間に口臭がふわっと臭って来て、そろそろ歯石除去が必要かもしれない、と悩んでいる飼い主さんも多いかもしれません。

歯石除去をせずに放置していると、歯周病や腎臓病、心臓病、といった全身への影響も出てくるため対策が必要になります。

どうしても歯磨きができない場合には、なるべく歯石がつかないようにするために、サプリメントを使ってみるのも1つの方法です。

デンタルバイオ(共立製薬株式会社)

プロバイオティクスという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

これはお腹の中の善玉菌のバランスを整えて、動物の体には良い効果をもたらしてくれる微生物で、口の中にも存在しています。

そこで、このプロバイオティクスを増やして、口臭の原因である歯周病菌(悪玉菌)の増殖を抑え、口臭もスッキリ、歯周病も予防ができる、という効果を狙って、デンタルバイオが登場しました。

その成分は、プロバイオティクスに加えて、ラクトフェリンというタンパク質が含まれています。

これは動物の唾液の中にも含まれており、口の中の健康維持には欠かせない成分です。

あまり大きくない錠剤なので、粉にしてフードに混ぜなくても、そのまま食べてくれる猫ちゃんもいます。

10錠、1シートになって販売されるようになったので、保存も簡単です。

関節炎(変形性関節症)

意外にも猫ちゃん達も、人間と同様に老化現象によって関節炎を発症することがあるのをご存知でしょうか?

もちろん、年齢だけではなく、肥満であったり、事故などで関節を怪我してしまったり、など原因はいくつかあります。

この病気は関節を包んでいる関節軟骨が時間をかけてゆっくりと擦り減って、痛みなどの症状が表に出て気が付きますが、すでに目に見えない部分では病気が始まっているのです。

そこで、軟骨の再生を促すようなサプリメントが存在しています。

多くの場合、サプリメントに加えて体重管理が必要になりますから、減量フードなども処方される場合があります。

コセクイン(バイエル株式会社)

スペインが原産国この関節炎用のサプリメントは、かなり以前から定評があります。

非常に高い純度のグルコサミンやコンドロイチン、マンガンを含んでいます。

これらの成分は、軟骨の再生を促して痛みの軽減に作用します。

猫ちゃん用にはチキンフレーバーのパウダー状のものが販売されており、カプセルを開けてご飯に振りかけるようにして与えることができます。

サプリメントだけに頼ってはいけない

人間のように偏った食生活をして、不足した栄養分をサプリメントで補う、といったことは猫ちゃんにおいては、あまり見られないと思います。

獣医師
その理由は、多くの飼い主さんがキャットフードを利用しており、殆どのキャットフードはそれだけを食べていれば良い、という栄養バランスが調節されたものだからです。

しかし、手作りフードを与えている場合には、十分に栄養のバランスに気を付けることは言うまでもありません。

また、最高の健康維持サプリメントは、健康診断を定期的に受けることです。

キャットドックにような全身チェックは中高年にさしかかったら1年に1度、必ず受けましょう。

猫にサプリメントを与えることを考えているのならば、まずは栄養バランスの良い食事の見直しから始めて下さい。

キャットフードは栄養満点で、猫の健康維持に最も貢献してくれるからです。

当サイトでもキャットフードについて詳しく説明しているので、そちらも参考にして頂ければと思います。