安全なキャットフードの選び方を解説 安心して愛猫に与えられるものはどれ?

スポンサードリンク

キャットフードの選び方で、一つの指標となることに「安全」があります。

愛猫に長生きしてもらうには、運動なども大事ですが、やはりキャットフードの選び方が大きなポイントになります。

キャットフードの選び方は国産や欧米産など、いくつかの要素がありますが、大前提としてはそのキャットフードが安全であるかです。

今回は、キャットフードを安全に選ぶ方法を解説するので参考にして下さい。

安全なキャットフードの定義とは

キャットフードには「ドライフード」と「ウェットフード」の2つの種類が存在しています。

ドライタイプのキャットフード

水分の含有量が10%以下のキャットフードのことで、乾燥しているため開封後は密閉管理が必要。

食べ応えのあるフードなので、猫にとっては歯石の除去や顎の筋肉の強化となる。

値段は比較的安価。

ウェットタイプのキャットフード

水分含有量が75%以上あるキャットフードのことで、原材料となる肉や魚のニオイが強く感じられる特徴があるため開封後は使い切るか、冷凍保存が必要となります。

ドライフードに比べ猫の満足度は高くなりますが、口臭や歯石の原因となることがあり、値段は比較的高価。

これらのキャットフードの中でも、安全なキャットフードとは、猫に必要な栄養素が適した量で配合されており、長年与え続けても健康を害する心配のない工場で生産されたキャットフードである必要があります

多くの種類が出回っている中、どのキャットフードが安全なものかどうか見極めるためのポイントは原材料にあります。

注意したい原材料

  • 主原料となる肉には何が使われているのか明確に記載してあるもの、副産物が入っていないもの
  • 合成着色料や甘味料、香料、酸化防止剤の未使用
  • 原材料はどこのものを使用しているのか明確な表記があるもの
  • グレインフリー

キャットフードの成分表示を見て、主原料となる肉類の欄に、ミートミールや肉骨粉や肉副産物と記載されているものには、廃棄肉や死んでしまった動物の肉を加工して使用している場合があります。

キャットフードに粗悪な原材料が使われていないか注意する必要があります。

添加物や保存料の使用にも注意しなくてはいけません。

キャットフードの日持ちを良くするために使用されているわけですが、過剰に使用されているものは健康を害する危険があります。

腐らないように配合される防腐剤は特に危険で、発がんする恐れもあると言われています。

これらの危険な成分は成分表示に記載されているかどうかで判断がつくほか、日持ちするかどうかでも判断することが出来ます。

出来れば無添加のキャットフードがおすすめです。

猫はもともと肉食動物でもともと、消化器官は穀物を消化するのを苦手としています。

穀物やトウモロコシといった原料はかさまし要因で使われることが多く、入っているキャットフードを与え続けることで内臓器官に負担がかかり、消化不良・体調不良やアレルギーの原因となりえます。

穀物類が含まれているかどうかもチェックすることをお勧めします。

また成分をチェックするのと同時に産地や生産国の確認も行うと良いでしょう。

キャットフードの中には、原材料の調達や製造工程、最終工程がどこでどのように行われているかあいまいなものがあります。

ホームページなどで確認が出来るキャットフードの方が安心して与えられます。

安全なキャットフードを選ぶメリット

安心して与えられる

安全なキャットフードを選ぶ大きなメリット点として、なんといっても安心して与えられる点があげられます。

原材料をしっかり確認し、納得して与えることで健康を害する心配なく与え続けることが出来ます。

健康的に長生きできる

安全なキャットフードを選ぶことで、猫が病気にかかるリスクが低くなるため、健康的に長生きすることが出来ます。

アレルギーや食物で起こりうる病気を回避

安全性の高いキャットフードを選ぶことで、病気の原因を排除することが出来ます。

安全なキャットフードを選ばないリスク

食事が原因となる食事過敏症発症の恐れ

個体差はありますが、キャットフードの穀物類の割合が大きいとアレルギーや皮膚病、脱毛症の原因となります。

アレルギー症状をいったん引き起こしてしまうと反応しやすい体質となり、そう簡単には完治しません。

かかりつけ獣医さんと相談しつつ、一生食事管理に気をつけなくてはならなくなります。

また猫の食いつきがよく、安価で長持ちするようなキャットフードには、たいてい人工的な香料や添加物、保存料が大量に使用されています。

本来キャットフードには必要ない成分ですし、猫にとって有害な物質と言っても過言ではありません。

与えてすぐには症状が出ないものの、徐々に猫の体の調子が悪くなる可能性があります。

有害物質の摂取により最悪死に至る可能性も

猫に与える食事に気を使わなかった結果、気づかないうちに有害なものを口にしてしまい、体に重大な危険をおかしてしまう事もあります。

基本的にどのようなものであれキャットフードを与えていれば死に至るほどの危険は及びませんが、手作りしたキャットフードなんかを与える場合は十分に注意しなくてはなりません。

肥満となってしまう可能性も

穀物に含まれる炭水化物は、肉食の猫にとってはほとんど必要ない栄養素です。

身体も消化をうまくできないつくりとなっているため、完全に消化できず身体に残ることで肥満の原因となることもあります。

コストパフォーマンスを重視したつもりがかえって通院費の増大に

毎日与え続けるキャットフードにそこまでお金をかけられないというのも、安全なキャットフードを選ばない理由の一つとなることもあるでしょう。

しかし、日頃のコストを削ったばっかりに、ある程度年齢を重ねたころに猫の健康状態が急に悪くなったり、肥満であったりと、手術が必要、通院費がかかる状況となる場合もあるようです。

国産と欧米産のキャットフードはどっちが安全?

キャットフードには様々な種類があり、「国産」と表記があれば安全なイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。

しかしキャットフードだけにとどまらず動物全般ペットフードにおいて、日本国産のものは出遅れているのが現状で、はるかに欧米産のペットフードの方が優れています。

海外では動物愛護の姿勢が進んでおり、動物に関する法律やフードに関する規制にもいち早く取り組んでいるのです。

国内産のキャットフードの特徴

国内産のキャットフードは、愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律によって取り締まられています。

ペットフードの製造や輸入、販売業者に対して安全性の確保、ペットの健康被害の防止等定めていますが、海外のような法的な規制ではなく、指導という状況にあります。

国内産のキャットフードは、比較的穀物を大量に使用しているものが多く見受けられます。

コストパフォーマンスの良さや食いつきの良さに重点を置いて製造されているものが多くみられます。

また国産のキャットフードは味の種類が豊富という特徴もあります。

欧米産のキャットフードの特徴

アメリカ飼料検査官協会(AAFCO)が中心となり、ペットフードの安全基準を管理しています。

欧米産のキャットフードは、原材料や安全性を重視している特徴を持ち、素材にこだわるため値段が高いものが多くみられます。

グレインフリーにこだわっているキャットフードも海外産の方が多い傾向にあります。

国産のペットフードも、各メーカーこだわりを持って製造しており、以前よりは品質がいいものとなっていますが、欧米産のペットフードに比べるとどうしても劣ってしまっているのが現状です。

国内産と欧米産のどちらが安全と一概には言えませんが、ペットフード先進国と言える欧米産の方から選ぶ方が無難でしょう。

どちらの生産国のものであれ、与える前の成分チェックと与えてからのペットの状況観察をしっかり行うことをお勧めします。

完璧なキャットフードは存在しない

安全なキャットフードには、ある程度までなら定義をつけることができます。

ですが完璧なキャットフードは存在せず、猫によってアレルギー反応を起こしたり、好みではないことは良くあります。

そのためキャットフードのランキングや口コミだけで決めるはなく、猫に合ったキャットフードを見つけることも安全なキャットフード選びでは大事になります。

一つのキャットフードにこだわらず、いくつかのキャットフードを変えていくこともおすすめの方法です。

猫にも当然、好みがあるので、一つのキャットフードにこだわらず色々なキャットフードで味を楽しませてみて下さい。

もちろんお気に入りのキャットフードだけにしても良いのですが、たまに違ったキャットフードを与えてみるのもご主人の務めになります。