プレミアムキャットフードおすすめ!獣医師が教える安全な餌の選び方

スポンサードリンク

キャットフード選びで気になることに、プレミアムキャットフードを猫の餌にすべきか?ということがあります。

名前を聞くと高級なイメージがあり、一般家庭ではちょっと敬遠してしまうキャットフードですよね。

でもプレミアムキャットフードを食べることで、猫ちゃんが健康で長生きできるなら検討する価値は十分あると言えるでしょう。

人間も食生活が健康に大きく影響するように、猫の健康もキャットフードに大きく依存することは間違いありません。

今回は、話題のプレミアムキャットフードについて、その健康効果や特徴について説明していきます。

プレミアムキャットフードとは

まず話題のプレミアムキャットフードについて、獣医師の先生の意見を聞いてみました。

獣医師
プレミアムキャットフードと呼ばれる製品は、猫の快適な食生活に配慮したものであるとされています。

昨今は、一般的なキャットフードと共に販売される機会が多くなりつつあり、ペットショップから購入される機会も増えています。

プレミアムキャットフードはスタンダードなキャットフードとは差別化が図られているとみられていることから、以前よりも関心が強く示されている人も多いのではないでしょうか。

プレミアムキャットフードは、様々な面で、通常のキャットフードとは異なる側面があり、プレミアムと称されるものが高く評価される動きも見受けられ始めています

このような猫用の製品の存在は、着実に多くの方面で広がりを見せており、注目を集めるキャットフードのひとつとしても取り上げられていると言えます。

プレミアムキャットフードと市販のキャットフードの違い

プレミアムと呼ばれるものと市販のキャットフードは、いくつかの面で違いがあるとされています。

実際に獣医師がプレミアムキャットフードと市販のキャットフードの違いを説明するので、参考にして下さい。

プレミアムキャットフードは添加物がない!

プレミアムキャットフードの最も大きな違いは、添加物の配合についての面です。

プレミアムキャットフードには、市販の製品に配合されている酸化防止剤や保存料、合成着色料などが含まれていないことが大きな特徴と言えます

化学的な成分や添加物がプレミアムキャットフードには入っていないことから、飼い猫に安心して与えることができると評価されています。

市販のフードは、日持ちを意識したり猫が食べやすいように加工されたりすることが特徴ですが、プレミアムの製品は自然派のキャットフードが特筆するべきポイントに据えられています。

化学的な物質や添加物が含まれないことに伴い、それぞれのキャットフードで差別化や特徴が浮き彫りになると言えるのではないでしょうか。

プレミアムキャットフードは栄養価が高い

また、配合される栄養素についても違いがあると考えられています。

一般的なキャットフードにもたんぱく質や脂質など、猫に必要なエネルギー源となる成分が多く含まれています。

その一方で、プレミアムキャットフードは同様の成分が含まれていながらも、良質なたんぱく質や脂肪分が入っているケースが目立っているとされています

猫の成長には欠かせない動物性のたんぱく質もプレミアムの製品には配合されている可能性が高いことから、猫の健やかな成長を願う飼い主から選ばれるポイントともなっています。

効率的に猫の体で消化、吸収できる成分の比率が高められていることもあることから、そのような点もプレミアムフードの特徴や違いとしてしばしば取り上げられています。

プレミアムキャットフードに含まれる成分については、年々一般的なフードとは差別化が図られていると推測されています。

そのため、積極的にプレミアムキャットフードと呼ばれるものを選択する主人が増えることにも繋がり、栄養や成分の面での評価が高まりつつあると捉えられています。

プレミアムキャットフードがおすすめの理由

プレミアムキャットフードは、猫の健康状態を意識したものである点が、おすすめされる大きな理由として挙げられるでしょう。

安心・安全に食べることができるキャットフード

添加物が極力使用されていない点や、食べやすいように加工される点が関わっているためです。

毎日食べることが前提とされており、プレミアムキャットフードを猫に与えることが、猫やその飼い主にとって健康や安全などのメリットが大きなものになることが期待されています

プレミアムキャットフードはスタンダードなキャットフードに比べて、製品の種類分けも細かくなる傾向にあると考えられています。

最近では、成長の時期にあたる子猫用や、年齢の高い猫用など、猫の年齢に合わせたキャットフードの販売もプレミアムの製品については実践されています。

それぞれの時期に適した栄養比率やカロリーの水準が定められ、飼い主が猫の年齢や時期に合わせながら選択できる点が魅力的であるとされています。

年齢によって必要になる栄養素は少しずつ変動することが一般的であることから、このような種類の分け方が、飼い主から評価を獲得しています。

必要な栄養素がバランスよく配合されている

また、猫にとって必要な栄養素が、バランスよく配合される点もおすすめされるポイントの一部として取り上げられています。

様々な成分がキャットフードに配合されることが一般化しているものの、プレミアムの製品はその中で特に必要とされる成分に特化している例が多くなっています。

猫の成長を手助けしたり、健康の状態を良好にキープしたりすることなど、複数の側面に作用する部分であると評価されています。

日常的に猫に対して与える食事であるため、こうした栄養素の調整や配慮も、オススメできる面に挙げられています。実際に猫に与える飼い主からも、このような特徴が高い評価を獲得しているのではないでしょうか。

実際に口にする猫に配慮しながら、製品が手掛けられている部分は大きな魅力とされています。

また、プレミアムキャットフードが飼い主たちに対して購入を推奨されるものとして掲げられる要素にもなっており、猫に食べさせる価値のある製品として評価されることに繋がっています。

[cat_table]

プレミアムキャットフードのデメリットは

プレミアムキャットフードに見受けられるデメリットには、主に価格の面についての特徴が挙げられています。

獣医師
一般的な市販のフードに比べると、3倍から5倍程度の値段が掛かることが想定されています。

そのため、継続的にプレミアムのフードを猫に与えるという場合には、ある程度の費用を見込むことが必要不可欠になると考えられています。

以前よりも価格の相場は落ち着き始めているものの、依然としてスタンダードな製品に比べると価格が高い水準で推移しています。

猫の健康を願ってプレミアムの製品を与える飼い主は多いと捉えられているものの、費用面での検討もひとつのポイントとなるでしょう

また、年齢や必要な栄養ごとにバリエーションが分けられていますが、その特徴がデメリットになると認識されることもあります。

細かく猫の成長に合わせてフードのタイプを切り替える必要が生じるため、細かい調整が求められるためです。

豊富な種類のフードはメリットである一方で、場合によってはデメリットにもなってしまうでしょう。

どのような猫でも食べられるプレミアムキャットフードの存在は、比較的少ない傾向にあると考えられており、このような特色が出てくるのではないかと思います。

猫の成長や体調などに合わせつつ、適宜製品の種類を変更することが飼い主には希求されるのではないでしょうか。

キャットフードはプレミアムフードにすべきなの?

これまでの説明を読んでいただくとわかる通り、プレミアムキャットフードは飼い猫にとって健康や安全面でメリットが大きいキャットフードと言えます。

飼い猫を少しでも健康で長生きさせたいのは、飼い主さんなら当然考えることです。

獣医師
大事なことは、毎日の食事と運動になります。猫も人間同様、肥満になると様々なな病気になる可能性が上がるので気をつける必要があります。

特にキャットフードは飼い主が選ぶものなので、責任をもって安全に食べられるキャットフードを選ぶようにしましょう。

もちろん家計の問題などもあるでしょうが、栄養状態が悪く病気になるとキャットフード以上の金額がかかってしまいます。

我が家でも猫を飼っていますが、やはり良いキャットフードを食べていると毛艶が良く活き活きとしていますね。

猫の健康も日々の積み重ねなので、愛する猫ちゃんを少しでも健康で一緒にいれるようにキャットフード選びは慎重に考えてみて下さい。

※プレミアムキャットフードを与えるときは、パッケージに書いてある適量を与えるようにしましょう。

人気のプレミアムキャットフード

市販で売られているプレミアムキャットフードってどんなものがあるのか?

基本的にプレミアムキャットフードは成分・原材料は良いものばかりなので、今回は特に人気のプレミアムキャットフードを紹介します。

プレミアムキャットフードは様々な種類があるので、猫の好みや体調に合わせて選ぶようにしましょう。

カナガンキャットフード

料金/量 4,622円 / 1.5kg
原料 チキン
原産国 イギリス
カロリー 約384kcal/100g
対応年齢 生後2ヶ月から老猫まで

カナガンはドライフードが苦手な猫ちゃんにもとってもおすすめで、味も美味しいことが特徴です。

その為、猫ちゃん達の食いつきも、非常によいフードとして口コミ評価が高いです。

ネットでは嘔吐や食いつきが悪いなどの口コミもありますが、これは猫の個体差もあるので信ぴょう性としては疑わしいところです。

実際にカナガンに変えてから、よく食べるようになったという良い口コミも多いです。

粒の大きさは約9mmで匂いは、やや強めです。

100%無添加というのも大きな特徴です。 また原材料は厳選されたヒューマングレードです。

カナガンについては、カナガンを徹底解析した口コミもあるので参考にして下さい。

ナウフレッシュ

料金/量 5,616円 / 1.81kg
原料 ターキーが主原料
原産国 カナダ
カロリー 約386kcal/100g
対応年齢 成猫期~シニア期

ナウフレッシュは、「台所で作る食事」のような新鮮さを目標としているプレミアムキャットフードです。

原材料は新鮮な生肉や生魚など猫に必要な栄養がしっかりとれ、新鮮で栄養価が高くバランスのとれたプレミアムキャットフードと言えます。

ナウフレッシュは種類も豊富にあるので、好き嫌いの多い猫ちゃんにもおすすめできるプレミアムキャットフードです。

値段が若干高いのが気になりますが、プレミアムキャットフードとしておすすめできます。

ナチュラルバランス

料金/量 1,615円 / 1kg
原料 チキンが主原料
原産国 アメリカ
カロリー 約372kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

ナチュラルバランスは、チキンがメインのプレミアムキャットフードです。

アレルギー対策として、グルテンフリーで安全性もあるのも特徴です。

粒も、小さい為、猫ちゃんにとっても食べやすいサイズとなっているのもポイントですね。

プレミアムフードとしては、お値段も比較的お手頃なのも嬉しいところです。

利用者からの口コミ評判も良く、好き嫌いが多い猫ちゃんが、これならよく食べてくれるとの声も聞かれます。

アカナキャットフード

料金/量 7,344円 / 2.27kg
原料 チキンが主原料
原産国 カナダ
カロリー 約406kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

アカナキャットフードはカナダ産のプレミアムキャットフードです。

原材料としては、チキンがメインですが、 肉や魚の割合が70%と低めなのが、他のプレミアムキャットフードよりもデメリットになります。

全体的にみても、タンパク質やカロリーが低めになっているので、高齢猫に向いている印象があります。

デメリットもありますが、お肉や魚が少ない分は、野菜や果物でバランスをしっかりととっています。

他のプレミアムキャットフードに比べて量が多いので、愛猫が1匹だけだと食べなかったときのリスクがあります。

ブルーバッファロー

料金/量 定価1057円 / 400g
原料 骨抜き鶏肉が主原料
原産国 アメリカ
カロリー 375kcal / 100g
対応年齢 全年齢対応

ブルーバッファローは、猫に必要なたんぱく質を与えるため、骨抜き鶏肉やチキンミール、玄米などの穀物類、野菜類を豊富に含んでいるプレミアムキャットフードです。

安全性の観点からすると、気になる原料は食塩で、量がどれくらい含まれるか不明なのがデメリットになります。

粒は小粒なので、どちらかといえば子猫やシニアに向いています。

量が少ないので、一度プレミアムキャットフードを試してみたい飼い主さんにもおすすめです。

モグニャン

料金/量 4,276円 / 1.5kg
原料 白身魚が主原料
原産国 イギリス
カロリー 約374kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

モグニャンの原料は白身魚がメインで、魚好きの猫におすすめのプレミアムキャットフードになります。

白身魚の使用は、なんと63%にもおよび、栄養価も非常に高いものがあります。

口コミでの評判も良く、モグニャンに変えてから良く食べるようになったという声も多いです。

ペット先進国のイギリス発のプレミアムキャットフードとして、愛猫におすすめできる一つになります。

モグニャンについて獣医師の先生に聞いた口コミがあるので、参考にして下さい。

プレミアムキャットフード選びのポイント

今回紹介したプレミアムキャットフードは、品質が良くおすすめできるものになります。

ただし猫ちゃんによってアレルギーや肥満などキャットフード選びが違うので、かかりつけの獣医師にアドバイスを貰うことも検討してみてください。

最後にキャットフードの選び方のポイントをまとめておきます。

[cat_rank]