国産キャットフードは危ないの?キャットフード選びで大切なこと

スポンサードリンク

国産キャットフードって安全なイメージがありますが、人によっては欧米産のキャットフードと比較して危険という人もいます。

国産と聞くと安全というイメージもありますが、その真意についてまとめてみました。

愛猫に食べさせるので、少しでも安心して食べれるキャットフードを選びたいですよね。

色々な側面から国産キャットフードを調査したので、国産キャットフード選びの参考にして下さい。

国産キャットフードが安全な理由

愛猫の健康や体調を考えて、国産のキャットフードを愛用している方も少なくないのではないでしょうか。

国産キャットフードの特徴は、徹底した品質管理により、安全性を確保していることにあります。

国産メーカーの場合、原料の段階から安全性を確認したうえで製造しているメーカーも多く、原料はすべて国産のものを使用しているメーカーもあります。

また、平成21年に「愛がん動物用飼料の安全性確保に関する法律」いわゆる「ペットフード安全法」が施行され、メーカーはこの法律に基づいて、基準項目を満たした工場で基準を満たした製品を製造しています。

また、万が一キャットフードによって猫が体調不良を起こした場合でも、多くのメーカーではパッケージに連絡先を記載しており、症状を相談したり、製品に問題があれば返品や交換も可能です。

しかしながら、注意しなければならないのは、国産のキャットフードだからといって、すべてが安全なわけではないということです。

そもそも、規定されている安全基準自体が欧米のものより低いので、たとえ国産であったとしても、原料に海外のものが使用されていたり、添加物が多く使用されている可能性も否定できません。

それでも、国産のキャットフードなら比較的安価な商品が多く、何より種類が豊富で、ドライ、ウエット、レトルト、パウチなど、タイプもさまざまなものが入手可能となっています。

欧米産のキャットフードと国産キャットフードを比較すると

国産のキャットフードは、大別すると「雑貨」に分類されます。

このことが即、国産のキャットフードは粗悪だという結論にはなりませんが、人間が口にする「食品」では使用が許可されていない原料や添加物をキャットフードでは使用することが可能です。

一方、欧米諸国ではペットは家族と同じという認識が日本以上に高く、キャットフードにも日本よりさらに厳しい基準が設けられています。

このため、指定された添加物の表示が義務付けられているのをはじめとして、人間でも摂取可能な、肉や魚、野菜などを使用しているほか、第三者による管理体制が確立されたうえで製造・販売が行われています。

このようなことから、欧米の製品はすべてではありませんが、猫の健康に配慮して添加物は含まれていないものが多く販売されています。

これに対して国産のキャットフードに添加物が使用されるものも少なくありません。

しかしながらこれは保存性を高めるためで、猫の体質によってはアレルギーを起こす懸念もあるため注意が必要ですが、使用されるのは安全性が確保された使用基準を満たす添加物です。

仮に添加物を使用せずキャットフードが酸化してしまうと、添加物以上に猫に悪影響を及ぼす危険性があります。

このため、添加物のひとつである酸化防止剤を使用することによって、猫の安全を確保しているのです。

また、材料ですが、国産のものは穀物を含んでいる製品が多くあります。

しかし、猫は本来たんぱく質を主に摂取する肉食動物ですので、穀物をはじめとする炭水化物は効率的に消化できません。

このことから、欧米産のキャットフードには穀物が含まれていないものが多いのです。

ただし、一定量の炭水化物であれば便秘の改善に役立つ場合もあり腹持ちもよくなります。

さらに、欧米産のキャットフードは人間用の肉や魚の端材や内臓といった副産物はあまり使用されません。

端材自体は人間が摂取可能なものも使用されているので問題ありませんが、摂取量によっては栄養素に偏りが出ることがあるからです。

ただし、こうした端材を使用することによってコスト削減が可能になり、価格に貢献する部分はあります。

このほか、欧米産のキャットフードは主原料が肉で、国産は魚のものが多くなります。

このような原料の違いから、国産のキャットフードは味の種類が豊富で、猫の好みに合わせた製品を選べるほか、定期的に味の違うものを与えることで、食べ飽きるのを防ぐこともできます。

また、欧米産のキャットフードは人間でも摂取可能な栄養豊富な肉を使用することで食いつきをよくしている一方、猫は味覚よりも嗅覚が優れていることから、国産のキャットフードは合成調味料や香料を使用することによって食いつきをよくしています。

国産キャットフードを選ぶときのポイントは

ここまで見てきたように、欧米産のキャットフードと比較すると国産のキャットフードは添加物や原料に関して規制が緩い傾向があります。

しかしながら、これらの基準は一定程度の安全性は確保されていますので一概に問題視すべきではありません。

ただし、極端に安価なものでは猫に危険を及ぼす添加物が含まれていないとも限りませんので、よく確認してから与えるようにしましょう。

この際ポイントとなるのは、添加物であっても、人工添加物ではなく、植物などから抽出された天然の添加物が使用されているかや、アレルギーを引き起こす物質が使用されていないかといったことです。

最も大切なのは、国産かそうでないかといったことにとらわれるのではなく、安全性が高く、猫の体質あったものを選んでいるかどうかです。

また、たとえ品質が高いものを選んでいても、きちんとした管理をして与えていなければ、酸化や劣化によって猫に悪影響を及ぼすことになってしまいかねません。

国産キャットフードを比較

では以上のようなことを踏まえて、国産でも代表的なおすすめのキャットフードの特徴を紹介します。

 メディファス

メディファスは麻布大学獣医学部との共同研究によって開発されたキャットフードです。 成長段階に応じてドライフードやウェットフードが豊富にラインナップされています。

品質管理体制は高く、猫に対する五感検査や栄養成分の検査など高い品質基準で入念なチェックが行われています。

また、猫のライフステージに応じた製品を選択できるようになっています。

主原料はとうもろこしをはじめとした穀類で、ミートミールなどの肉類も使用されています。

[amazonjs asin="B0026R73BY" locale="JP" title="メディファス 1歳から チキン味 1.5kg(300g×5)"]

銀のスプーン

国内におけるキャットフードの定番商品です。 CMなども多く流され、ホームセンターやドラッグストアでも比較的簡単に入手が可能です。

ドライタイプや缶詰タイプ、ウエットタイプといったさまざまな種類がラインナップされていて、猫の好みや状況に合わせて与えることができます。

食いつきのよさが特徴で、比較的安価で入手することが可能です。

主原料はとうもろこしなどの穀類で、ミートミールなども使用されています。

[amazonjs asin="B0756XJMVV" locale="JP" title="銀のスプーン 贅沢うまみ仕立て 食事の吐き戻し軽減フードお魚づくし 1.3kg"]

ねこ元気

こちらも、キャットフードの中では定番商品でロングセラーを続けています。

特徴的なのは「お魚タイプ」、「ダイエットタイプ」、「子猫タイプ」、「お年寄り猫タイプ」といった多くの派生商品をラインナップしていることです。

2013年まではアメリカで製造されていましたが、現在は日本の自社工場で生産されています。

価格はリーズナブルで、1日当たりのエサのコストを低く抑えられるのも魅力です。

主原料はとうもろこしなど穀類で、ミートミールなども含まれています。

[amazonjs asin="B001HX41JK" locale="JP" title="ねこ元気 全成長段階用 お魚とお肉ミックス まぐろ・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り 2kg"]

シェフキャット

あまりメジャーな商品ではありませんが、犬用のシェフドックから派生して、猫用のシェフキャットも生産されています。

比較的カロリーは高めで、生肉が使用されているため、他のキャットフードと比べると匂いが異なります。

また、煮干しを細かくした魚粉が使用されているので、カルシウム補給も可能です。

香料や防腐剤も不使用なので安心して猫に与えることができます。

プレミアムキャットフードに分類されるため、価格はやや高めとなっています。

主原料は肉類で、穀類は玄米、大麦全粒粉などが使用されてます。

ミオキャットフード

ドライタイプがよく知られていますが、ウェットタイプも販売されています。 毛玉対策、肥満対策、猫下部尿路の健康維持といったさまざまなタイプがラインナップされています。

価格が比較的安価なため、毎日与えるキャットフードとして普及しています。

主原料はとうもろこしをはじめとした穀類で、肉類は、チキンミール、牛肉粉、豚肉粉などが使用されています。

[amazonjs asin="B01LXBSU9Y" locale="JP" title="箱売り ミオ ドライミックス お肉とお魚ミックス味 1.2kg キャットフード ミオ お買い得9袋"]

jp(ジェーピー)

ドライタイプ、ウエットタイプのほかキャットフードとしては珍しい、パウダータイプや仔猫用の離乳食もラインナップされています。 このほか、パウダータイプのサプリメントなども用意されています。

パッケージは小分けになっているので必要な分だけ封を切って与えることができ、酸化を防止できます。

また、下部尿路の健康維持、腎臓の健康維持、肥満防止などに配慮された製品となっています。

主原料は小麦全粒粉などの穀類で、肉類はチキンミールなどが使用されています。

[amazonjs asin="B003KFHTCO" locale="JP" title="ジェーピースタイルGOLD ゴールド 和の究み 小粒 1歳からの成犬用 2.4kg"]

ランフリー(桜姫鶏)

ランフリー(桜姫鶏)は人間も食べられる原料を使用した無添加の国産キャットフードです。

商品名の通り、「桜姫鶏」と呼ばれるブランド鶏肉をはじめとした高品質の食材を使用しています。 このため価格は比較的高いものとなっています。

主原料の「桜姫鶏」は、鶏独特の臭みが少なく透明感のある桜色をしており、一般的な鶏肉よりビタミンEが3倍以上含まれているとされています。

また、ささみは高たんぱくかつ低カロリーでヘルシーな食材です。このほか原材料にはイネ科の穀物が含まれます。

無添加キャットフード安心

この無添加キャットフード安心も人間も食べられる原料を使用した無添加のキャットフードです。

複数の動物性たんぱくが主原料となっており、少量でも栄養価が高くなっています。 このほか抗菌剤が含まれておらず、腸内の善玉菌を増加させ、排便を整える効果が期待できます。

原料が厳選されてることから価格は高くなっています。

主原料は生肉で、サツマイモ、玄米や大麦といった穀類も含まれています。

日本のみのりキャットフード

こちらも国産の原材料のみを使用して、なおかつ手作り料理に近い方法でつくられているキャットフードです。

合成保存料や着色料、香料は一切使用しておらず、さまざまな栄養素が含まれているので、総合栄養食として毎日与えることができます。

天然原料を使用しているので賞味期限は短めとなっていて、価格も高めの設定です。

主原料は牛肉粉を使用しており、穀類はアレルギーを引き起こしにくい玄米を使用しています。

[amazonjs asin="B00HI61W2O" locale="JP" title="日本のみのり  純国産プレミアムキャットフード(200g)"]

ねこはぐ

ねこはぐは国産原料にこだわるほか、遺伝子組み換え食品も使用しておらず、人間が食べられる原料のみを使用して生産されています。

また、香料・着色料も不使用で、保存料も天然成分が使用されていることなどから、手作りのエサと同じグレードのドライフードといえます。 また、栄養バランスや安全性の高さ、食いつきのよさから、獣医師にも推奨されています。

主原料は鶏肉で、穀類はブレンドされた雑穀米が使用されています。

国産×人も食べられるキャットフードが話題…ねこはぐ

ねこひかり

ねこひかりは国産若どりを主原料としていて、雑穀と野菜を使用した国産のキャットフードとしておすすめできます。

たくさんのこだわり成分で作られた「ねこひかり」は猫の健康のサポートとして、評判が良いキャットフードです。

国産無添加キャットフードねこひかり

国産キャットフードも一つの選択肢として考える

実際のところ、国産だから、欧米産だからと違いはそこまで大きくありません。

大事なことはキャットフードの質で、たんぱく質が多く栄養バランスが良いキャットフードを選ぶことが大事になります。

また愛猫の体調や年齢によっても変わるので、一概にこのキャットフードが一番おすすめと簡単には言えません。

我が家でも色々なキャットフードを試していますが、やはり年齢や体調でその都度キャットフードを変えています。

また獣医師さんに相談するなど、猫の健康診断時などにアドバイスをもらうようにもしています。

良くあることですが、ランキング1位と書いてあるキャットフードでも、猫の好みに合わず食べないこともあります。

やはり評判の良いキャットフードを試して、愛猫が気に入ったものを与えるのが良いと思います。

あと猫も同じキャットフードばかりでは飽きると思うので、定期的に変更するのもおすすめですよ。