グレインフリーキャットフードって何が良いの?獣医師に聞いた真実とおすすめのキャットフード

スポンサードリンク

グレインフリーキャットフードの人気が上がっている理由をしっていますか?

キャットフード選びでプレミアムキャットフードが話題になっていることは、プレミアムキャットフードはどうして人気のなの?で解説しました。

グレインフリーのキャットフードも、プレミアムキャットフードの一種として認知されています。

ただ全てのプレミアムキャットフードがグレインフリーとは限らないので、グレインフリーが何かを知っておくこともキャットフード選びには欠かせないことになります。

今回は話題のグレインフリーについて、キャットフード選びのポイントともに解説するので参考にして下さい。

グレインフリーのキャットフードとは

グレインフリーキャットフードは近年人気が出ているキャットフードです。

グレインフリーというのは小麦やトウモロコシなどの穀物を使っていないことです。

猫の中には穀物に対してアレルギー反応を起こしたり、過敏になってしまう子もいます。

穀物によるアレルギー反応が起こると皮膚が乾燥したり、お腹を壊したりと猫にとって辛い症状に苦しめられてしまいます。

グレインフリーのキャットフードは小麦トウモロコシなどの穀物を排除し、その代わりに肉、野菜、フルーツ使っています。

穀物を使用したキャットフードはカロリーが高くなりますが、グレインフリーのキャットフードは低カロリーになるのも大きな特徴です。

また、穀物の代わりに肉や野菜、フルーツを使っているので高たんぱく質に仕上がっています。

猫の健康維持にも効果的で、栄養バランスの取れた健康的なキャットフードです。

猫はもともと肉食動物であり、たんぱく質や脂質の消化吸収に優れています。

その反面、穀物などの炭水化物を消化するのが苦手な動物です。

炭水化物を過剰に摂取してしまうと糖質を消化するので膵臓に大きな負担を与えるので、穀物を消化するのが苦手な猫のために消化をサポートし、健康的なキャットフードとしてグレインフリーキャットフードが注目されるようになりました。

グレインフリーのキャットフードは何が良いのか?

大きなメリットとして3点挙げられます。

  1. アレルギー対策
  2. 消化不良を改善
  3. 肥満予防

アレルギー対策

1点目は「アレルギー対策につながる点」です。

穀物はアレルギーを起こしやすいとされており、消化が悪いものです。

子猫の段階で穀物といった消化の悪いものを沢山食べていると腸内環境が悪化しやすくなりアレルギーになるリスクが高くなります。

そこで、グレインフリーキャットフードで穀物の摂取量を少なくすることで消化を良くして腸内環境の改善につなげ、アレルギーを引き起こしやすい穀物を摂らなくて済むのでアレルギーを引き起こすリスクも減らせるのです。

穀物を多く含んでいるキャットフードはアレルギーを引き起こしたり、アレルギー体質を持つ猫の症状を更に悪化させる可能性がありますが、グレインフリーキャットフードならアレルギーの発症や悪化を防ぐことができます

消化不良を改善

2点目は「消化不良を改善できる点」です。

穀物は猫の消化を妨げてしまいます。穀物を使わないグレインフリーキャットフードは消化にかかる負担を減らし、下痢や便秘の改善や予防につなげます。

また、グレインフリーのキャットフードは消化を妨げる穀物が入っていないので効率良く栄養成分が吸収され、消化されないまま排出されることが減り、便の量が少なく適正に保たれるようになります

猫の身体は炭水化物を体内で上手く消化することができないので、穀類を多く含むキャットフードは消化不良を起こしやすく下痢や嘔吐にもつながりやすいので、グレインフリーキャットフードのような穀類を使用していないフードであれば消化が良く、猫に必要な栄養素も豊富に含んでいるので安心して食べさせることができます。

肥満予防

3点目は「肥満予防につながる点」です。

穀物は炭水化物なので猫の肥満を引き起こす原因となります。

グレインフリーキャットフードだと肥満の原因になりやすい炭水化物の摂取量が減るのでダイエット効果につながります。

また、糖尿病のリスクを減らしたりと病気予防にもつながります。

穀物が入っていないことで少ない量でも満足でき、食べ過ぎてしまうことを防ぎ、食事量を適正にコントロールしやすくします。

グレインフリーキャットフードは肉や魚が主原料となるので、猫に必要不可欠な動物性たんぱく質をたっぷり含み、猫が大好きな肉や魚を効果的に摂取できます

グレインフリーキャットフードと市販のキャットフードの違い

グレインフリーキャットフードと市販のキャットフードの大きな違いは、「猫が最も必要とするたんぱく質が豊富に含んでいているか」にあります。

市販のキャットフードが穀物を使う理由

市販のキャットフードはトウモロコシや小麦など穀物を多く含んでおり、たんぱく質の含有量は少なくなっています。

市販のキャットフードに穀物を使う理由としてコストダウンとかさ増しの目的です。

とうもろこしや小麦などの穀物は安く手に入るので、穀物を沢山調達し、フード自体の大きさや重さを増やして、大容量で値段を安く提供できるのです。

たんぱく質は値段が高いので、一般的なキャットフードでたんぱく質を中心に作ると安く提供することができなくなります。

穀物は食物繊維が豊富に含んでいて便秘予防になりますが、猫にとっては食物繊維は消化不良に陥りやすくするので、猫の消化負担を大きくしてしまい、猫に必要なたんぱく質を摂取することはできません。

グレインフリーキャットフードは猫の健康を考えている

一方、グレインフリーキャットフードには猫が必要とするたんぱく質を豊富に含んでいます。

穀物を使用せず肉や魚などのたんぱく質を含んで作られるので、猫に必要な栄養素を効果的に効率良く摂取できます。

たんぱく質は値段は高くなってしまいますが、猫の消化負担を少なくし、自然な食事へと近づけられます。

グレインフリーキャットフードは肉や魚あんどたんぱく質をメインとしているので自然な食事ができ、必要な栄養素を摂取できる点が一般的なキャットフードとの大きな違いと言えます

グレインフリーキャットフードのデメリット

デメリットを挙げるととしたらまず「コストが高いこと」にあります。

グレインフリーキャットフードはどうしても値段が高くなります。

1キロあたり数千円かかり、良質なものほど値段が高くなります。値段が高くなってしまう理由として穀物の代わりに肉や魚などのたんぱく質を多く使っているからです。

毎日キャットフードを食べさせることを考えると飼い主にとって経済的な面で負担が大きくなってしまうのがデメリットにつながってしまいます。

それから、肉や魚などのたんぱく質は腎臓で処理をします。

グレインフリーキャットフードはたんぱく質がメインとなるので「腎不全など腎臓に疾患を持っている猫にはかえって負担となる可能性があること」もデメリットです。

お年寄りの猫は腎臓の機能が弱まっている可能性もあるので、グレインフリーキャットフードを与えるなら注意が必要です。

また、グレインフリーキャットフードは消化が容易なのですぐにお腹が空いてしまいます。

腹持ちの面なら穀物が入っている一般的なキャットフードの方が満腹感を感じやすく「グレインフリーキャットフードは腹持ちが良くなくすぐにお腹が好いてしまうこと」もデメリットとなります。

グレインフリーキャットフードをおすすめできる猫

グレインフリーは消化を阻害する穀物を使用していないので、お腹や消化器官に不安を抱える猫やお腹が弱い猫におすすめします。

猫の消化機能を助けて、改善させる効果が期待できるのでお腹を壊しやすい猫の体質改善にもおすすめできます。

基本的にグレインフリーキャットフードは、健康な猫であれば一番良いおすすめのキャットフードと言えるでしょう。

ただし健康に思っても、体調が悪かったりアレルギーを持っている場合もあるので、キャットフードを変える場合は必ずかかりつけの獣医師に相談することをおすすめします

もちろんグレインフリーキャットフードも、様々な猫に食べられているので、安心・安全の品質を保っています。

そのため飼い猫の健康を考えるのであれば、グレインフリーキャットフードを食べることはとてもおすすめと言えます。

グレインフリーキャットフードのおすすめ

最後にグレインフリーキャットフードのおすすめを紹介します。

ジャガーキャットフード

料金/量 4,280円 / 1.5kg
原料 チキン、サーモン
原産国 イギリス
カロリー 約384kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

英国産のクオリティの高いプレミアムキャットなどであるジャガーキャットフード。

丁寧に調理して作られ、新鮮で上質で厳選された材料を使っています。

動物性タンパク質がなんと80%以上としっかりと摂取できます。

高タンパクで栄養価も高い高級感のあるフードで穀物も一切使用していません。 こだわりの食材としては、鶏肉、鴨肉、サーモン、マルベリー、朝鮮にんじんなどです。

カナガンキャットフード

料金/量 4,622円 / 1.5kg
原料 チキン
原産国 イギリス
カロリー 約384kcal/100g
対応年齢 生後2ヶ月から老猫まで

カナガンはドライフードが苦手な猫ちゃんにもとってもおすすめで、味も美味しいことが特徴です。

その為、猫ちゃん達の食いつきも、非常によいフードです。

カナガンに変えてから、よく食べるようになったとのクチコミも多く評判です。

またカナガンを食べはじめてから体調がよくなったとの声も多く聞かれます。

粒の大きさは約9mmで匂いは、やや強めです。 100%無添加というのも大きな特徴です。 また原材料は厳選されたヒューマングレードです。

オリジン

料金/量 1,458円 / 340g
原料 チキンが主原料
原産国 アメリカ
カロリー 約406kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

カナダ産でチキンがメインのプレミアムキャットフードです。

粒の大きさは約7mm。 ニオイの強さは、やや強めとなっています。

オリジンの特徴としては、新鮮な肉を利用しています。

90%が肉類で、食材は選び抜かれた、こだわりのあるものを使用しています。

オリジンには5種類のギャラリーフードを用意しています。

鶏肉と七面鳥などの肉類は、保存際を一切使わず冷蔵または、急速冷凍した新鮮なお肉んをこだわりを持って使っています。

シンプリーキャットフード

料金/量 4,276円 / 1.5kg
原料 サーモンが主原料
原産国 イギリス
カロリー 約384kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

動物栄養学者と共同で開発されたイギリス産の「シンプリーキャット」。

3つの特徴となるポイントがあります。

1つめは、高品質なタンパク質が摂取できること。 サーモン、ニシン、マスなど魚類からなんと73%もの 豊富なタンパク質を摂れます。

2つ目は、穀類不使用のグレインフリーということです。

3つ目は、猫ちゃんがみんな喜ぶその美味しさにあります。 健康的なだけでなく、その上味にも自信があります。 魚中心で安善なものを与えたいという方が非常に多く高い評価を受けています

モグニャン

 

料金/量 4,276円 / 1.5kg
原料 白身魚が主原料
原産国 イギリス
カロリー 約374kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

モグニャンの原料は、白身魚がメインとしてたっぷり使われています。

チキンやサーモンなどと比べても、白身魚は安全性が高いのが特徴です。

その他の白身魚の特徴として、消化にとてもよく、アレルギーになりにくいことも大きな特徴です。

白身魚の使用は、なんと63%にもおよび、栄養価も非常に高いものがあります。

その他の原材料としては、以下のものがあります。 サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、など

ナチュラルバランス

料金/量 1,615円 / 1kg
原料 チキンが主原料
原産国 アメリカ
カロリー 約372kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

原料として「チキン」がメインのナチュラルバランス。 バランスがよくとれたフードです。

アレルギー対策として、グルテンフリーで安全性もあります。

粒も、小さい為、猫ちゃんにとっても食べやすいサイズとなっています。

プレミアムフードとしては、お値段も比較的お手頃であると言えるでしょう。

また、腸内環境を整えてくれるお腹に優しいフードです。

また利用者からのクチコミでの評価も高いのが、ナチュラルバランスです。 好き嫌いが多い猫ちゃんが、これならよく食べてくれるとの声も聞かれます。

アカナキャットフード

料金/量 7,344円 / 2.27kg
原料 チキンが主原料
原産国 カナダ
カロリー 約406kcal/100g
対応年齢 全年齢対応

アカナキャットフードはカナダ産のキャットフードです。

カナダのチャンピオンペットフーズ社が作っています。

原材料としては、チキンがメインですが、 肉や魚の割合が70%と低めです。

全体的にみても、タンパク質やカロリーが低めになっています。

お肉や魚が少ない分は、野菜や果物でバランスをしっかりととっています。

原材料の詳細は次のようなものになります。 ・新鮮骨なし鶏肉 ・乾燥鶏肉 ・乾燥七面鳥肉 ・新鮮骨なし七面鳥肉 ・鶏肉脂肪 ・ヒヨコ豆 ・赤レンズ豆 ・鶏レバーなど

ブルーバッファロー

料金/量 定価1057円 / 400g
原料 骨抜き鶏肉が主原料
原産国 アメリカ
カロリー 375kcal / 100g
対応年齢 全年齢対応

キャットフードに欠かせないのが栄養素です。

ブルーバッファローでは猫に十分なたんぱく質を与えるため、骨抜き鶏肉やチキンミール、玄米などの穀物類、野菜類を豊富に含んでいます。

鶏肉は人でも食べられるような部位であり、廃棄対象となるような副産物は使っていません。

安全性の観点からすると、気になる原料は食塩です。決して珍しい原料ではないですが、量がどれくらい含まれるか不明なのでそこがややネックです。

他に目につくのは硫酸銅や硫酸マンガンといった化学物質ですが、これらは栄養素の吸収を助けるために微量含まれているだけなので健康には問題ありません。 粒は小粒なので、どちらかといえば子猫やシニアに向いています。

ニュートロ・ナチュラルチョイス

料金/量 1080円 / 500g
原料 チキンが主原料
原産国 アメリカ
カロリー 365kcal / 100g
対応年齢 全年齢対応

ニュートロ・ナチュラルチョイスでは原料にこだわり、自社工場で品質のブレがないよう厳正に製造しています。

主原料のチキンは、猫がおいしいと感じる良質な生鶏肉を使っています。

また腸内環境を整える食物繊維や、免疫力を高める抗酸化成分も含まれているので健康対策も万全です。

マイナス評価の原材料としてはビートパルプが挙げられます。

ビートパルプはサトウダイコンの搾りカスですが、猫が食べても大した栄養にはなりません。

ペットフードとしてこれを使うときは基本的にかさ増しが目的です。

一応便の臭いを抑えて固くする作用があるので、便が緩めな猫におすすめできます。

その他自然素材中心で、害になりそうな目立った添加物は見当たりません。 フード自体の臭いは控え気味です。

ナウフレッシュ

料金/量 5,616円 / 1.81kg
原料 ターキーが主原料
原産国 カナダ
カロリー 約386kcal/100g
対応年齢 成猫期~シニア期

ナウフレッシュは、その名の通りフレッシュさを売りにしており、「キッチンで作る食事」のような新鮮さを目標としています。

原材料は新鮮な生肉や生魚など新鮮で栄養価が高くバランスのとれたフードと言えます。

グレインフリーキャットフード選びの答えは一つではない

ランキング形式でおすすめのグレインフリーキャットフードを紹介しました。

ですがキャットフードはこれが一番というものはなく、猫によって相性や好みも変わるのでかかりつけの獣医師に相談することも忘れないでください。

今回紹介したキャットフードは、品質が高くおすすめできるものばかりですが、猫によってはアレルギーを起こしたり肥満の原因になることもあるでしょう。

健康な成猫などにはピッタリの栄養価になりますが、高齢猫や腎臓病の疑いがある猫などは、こうした高品質のグレインフリーではないほうがいいケースもあります。

体調や健康面をしっかりと考慮し、かかりつけの獣医師に相談して安心して与えることが出来るキャットフードを選びましょう。